2019年吹奏楽コンクール 課題曲Ⅲ.行進曲「春」~第2回・楽曲分析・解説

お待たせしました。
坂本文郎氏による2019年吹奏楽コンクール 課題曲Ⅲ.行進曲「春」の分析、解説です。

坂本文郎プロフィール
※掲載内容の無断転載、商業利用はお止めください。

練習番号B(33小節目)~練習番号C(48小節目)まで

・前小節のユニゾンから1拍目は繋がります。低音を除く全ての木管がD音のユニゾンになっていますが、Trumpetだけは3声です。特に3rdのF音は他にありませんので、特に響きに気を付けてください。

・練習番号Bの1~4小節(33~36小節)のAlto Clarinetも必須です。入らなければ三和音を構成できません。

・練習番号Bの1小節目(33小節目)の2拍目からメロディグループは3声になります。4小節目(36小節目)の2拍目からはユニゾンです。練習①の考え方で前後のバランスを調整してください。

・練習番号Bの3小節目(35小節目)の8分音符の連続は、練習番号Bの4小節目(36小節目)冒頭の和音までゆっくり確認してください。4小節目のF-durのコードで解決します。

・練習番号Bの4小節目(36小節目)の2拍目から練習番号Bの8小節目(40小節目)までメロディグループも対旋律のグループもユニゾンになります。音程が揃うことを必須です。

・練習番号Bの8小節目(40小節目)2拍目にメロディグループの中で唯一Trumpet 3のみが2声に分かれます。練習番号Bの9小節目(41小節目)2拍目になるとTrumpetは3声にClarinetは2声に分かれますが、FluteとOboeはユニゾンのままです。メロディの上のラインを目立たせる狙いはあるのでしょうが、楽団の事情次第で2声、3声の響きが得られなくなりますので、練習①でバランス調整をしましょう。特にTrumpet 3は1パートで和声を担いますので、十分注意を払ってください。ただし、練習番号Bの12小節目(44小節目)からはTrumpetも2声になりますので、この限りではありません。

・対旋律のグループもメロディと同じように練習番号Bの6小節目(38小節目)からはユニゾンで、練習番号Bの12小節目(44小節目)に入るとSaxophoneはメロディグループに加わり、HornはTromboneやEuphonium、Tubaと同調していきます。練習①は組み合わせを変えながら行ってください。

・練習番号Bの12、13小節目(44、45小節目)2拍目の金管と低音の4分音符は不安定な和音となっており、次の1拍目の8分音符に解決します。練習番号Bの15~16小節(47、48小節目)のB-durの響きが到達点になるよう、練習④を行ってください。

・練習番号Bの16小節目(48小節目)2拍目頭はF音以外ありません。この拍の裏は2つに分かれますが、下はTrb3だけですので、ユニゾン⇒2声の動きが明確に表現できるように気を付けてください。

 

練習番号C(49小節目)~練習番号D(56小節目)まで

・Flute・Oboe・Clarinetはユニゾンです。主になるTrombone・Euphoniumや低音パートの動きを上回ることがないように、音程重視で人数の調整をしましょう。

・TromboneとEuphoniumはTrombone 3のF音の連続にメロディを乗せる動きになっています。Trombone 3は同じ音の連続ですので強調されやすい音型ではありますが、1パートのみですので和声的な響きになっているのか確認をしながら練習を進めてください。

・木管・Trombone・Euphonium・低音という判りやすい形になっていますが、気を付ける点は音の種類が減る瞬間です。練習番号Cの1小節目(49小節目)2拍目と練習番号Cの4小節目(52小節目)1拍目裏と練習番号Cの5小節目(53小節目)2拍目はF音しかありません。このような場所では、明確にF音のみにしなければなりません。

・練習番号Cの5小節目(53小節目)1拍目はB音のみです。やはり明確な音(音程がとても大切です)B音が求められます。

・2音しかない場所も多々あります。
→練習番号Cの1小節目(49小節目)の1拍目裏(D&F)
→練習番号Cの2小節目(50小節目)の2拍目(C&F)
→練習番号Cの2小節目(50小節目)の2拍目裏(F&A)
→練習番号Cの3小節目(51小節目)の1拍目(F&Es)
→練習番号Cの3小節目(52小節目)の2拍目(F&B)
→練習番号Cの4小節目(52小節目)2拍目(F&C)
→練習番号Cの4小節目(52小節目)2拍目裏(F&Es)
→練習番号Cの5小節目(53小節目)2拍目裏(D&F)
→練習番号Cの8小節目(53小節目)2拍目(D&A)
※2音しかない場合は音量のバランスをほぼ同じにした方が良いでしょう。

・上記のような理由で練習③で和声の進行を確実に行ってください。練習番号Cの7~8小節(52~53小節)のD-durのコードが到達点です。

・練習番号Aの後半は複雑な和音⇒解決和音ですが、ここは少ない構成音の和音やユニゾン⇒解決和音と対称的になっています。この2か所の響きの違いは、比較練習で体感してください。

 

練習番号D(57小節目)~練習番号E(64小節目)まで

・練習番号Dの1小節目(57小節目)のTrumpet 1、練習番号Dの2小節目(58小節目)のAlto SaxophoneとAlto Clarinet、練習番号Dの3小節目(59小節目)のFlute・Oboe・Clarinetと、追いかけるようにメロディがユニゾンで演奏されます。楽器の数が増えると音程のリスクは高まりますが、最初が1本だけなので音程の狂いがわかりやすくなります。練習①の必要性も視野に入れて練習してください。

・練習番号D の4小節目(60小節目)2拍目から突然3声になります。Trumpetが加わりますので音量の問題は少ないと思いますが、チェックは必要です。

・練習番号D の5小節目(61小節目)の1拍目裏からは旋律ラインが2声になります。金管や低音がリズムに加わっていない部分は2音しかありませんので、上下のバランスに気を付けましょう。

・練習番号D の7~8小節目(63~64小節目)のHornのリズムは練習番号Bや練習番号Cの2小節前と同じですが、ユニゾンで演奏される点は対称的です。低音域同じ個所の低音域の音型もユニゾンです。音程に気を付けて他の場所と違うスッキリした音を目指してください。

・練習番号D の8小節目(64小節目)2拍目はF音のみです。これがフレーズの終わりになりますので、確実に濁りのない音を出さなければならないでしょう。

 

練習番号E(65小節目)~練習番号F(72小節目)まで

・Trombone・Euphoniumの動きは、練習番号Cとほぼ同じです。ただ、低音パートの動きの違いに伴って、練習番号Eの6小節目(70小節目)2拍目裏から練習番号Eの7小節目(71小節目)1拍目までのTrombone 3の動きが変わります。違いが明確に判るようにしてください。

・Flute・Oboe・Clarinetはユニゾンです。Tromboneが2声ですので、練習①で適切なバランスを作ってください。

・練習番号Eの1小節目(65小節目)の1拍目、F音はTrombone 3にしかありません。D音もTrombone 1&2とEuphoniumだけです。木管と低音のB音は厚いので、和声感が出るようにバランスを整えましょう。

・練習番号Eの1小節目(65小節目)の2拍目と練習番号Eの4小節目(68小節目)の2拍目はF音だけです。練習番号Eの8小節目(72小節目)の2拍目はA音以外ありません。この時折出現するユニゾンの瞬間を正確に表現することが演奏のキレを生むと思います。

・2音しかない場所もあります。
→練習番号Eの4小節目(68小節目)の2拍目裏(Es&F)
→練習番号Eの5小節目(69小節目)の2拍目(F&G)
→練習番号Eの6小節目(70小節目)の2拍目(A&C)
→練習番号Eの7小節目(71小節目)の1拍目(D&Fis)
※2音しかない場合は音量のバランスをほぼ同じにした方が良いでしょう。

・練習番号Eの1小節目(65小節目)の2拍目裏のB音はHorn 2しかありません。増強してください。

・練習番号Eの3~4小節(67~68小節目)のHorn 3のD音は和声を決定づける重要な音ですが、他にありません。やはり増強が必要です。

・練習番号Eの5小節目(69小節目)の2拍目裏で旋律ラインがF音を演奏します。この時他のパートからはF音がなくなっています。丁寧に奏し、B♭のコードを作ってください。

・練習番号Eの8小節目(72小節目)の2拍目はA音のみになります。強弱記号はmfですので、音程を気にしてください。人数を削って、音程を合わせることを最優先に考えましょう。

さらにスキルアップしたい奏者のみなさんへ坂本文郎氏の作品一覧はこちら

2019年 吹奏楽コンクール課題曲Ⅳ.「道標の先に」~第2回・楽曲分析・解説

お待たせしました。
坂本文郎氏による2019年吹奏楽コンクール 課題曲Ⅳ.行進曲「道標の先に」の分析、解説です。

坂本文郎プロフィール※掲載内容の無断転載、商業利用はお止めください。

練習番号C~D(43小節目~58小節目)まで

・練習番号Cの1、2、5、6小節目(43、44、47、48)のPiccolo、Flute、Es Clarinetのトリルは16分音符にすると記譜されていない音で終わります。記譜された音で終えたい場合は、最後を8分音符にするとよいでしょう。いずれにしても、終わる音を揃えることが大切です。

・低音ラインのメロディの1、2、5、6小節目(43、44、47、48)小節目のそれぞれ3拍目の音は、跳躍進行しているため聴こえにくくなりがちです。確実に音が出るよう、しっかり練習してください。

・練習番号Cの3小節目(45小節目)と7小節目(49小節目)の4拍目からの5連符は、グロッケンと合わせるのが難しいでしょう。FluteとEs Clarinetの練習に必ずグロッケンも加えて練習してください。

・練習番号Cの8小節目(50小節目)4拍目から4声が多用されます。付点音符で音を延ばすパートが4声ですが、他のパートの動きを考えた時、発音の瞬間に1パートしか演奏していない部分があります。この時に音が隠れてしまわないように注意してください。

※例えば11小節目(53小節目)のAlto Saxophone 2のH音は低音のC音とぶつかるため、注意したいですね。

・練習番号Cの9小節目(51小節目)からのFlute・Oboe ・Es Clarinetの動きの中でFlute 2だけが他のパートと違います。バランスがかなり悪くなると考えられますので注意してください。
・練習番号Cの10、12、14小節目(52、54、56小節目)3拍目のClarinetとSnare Drumは、音の終わりに響きを残さないようにしましょう。Bass Drum・Cymbalsと重ならないようにしてください。

練習番号D~E(59小節目~74小節目)まで

・練習番号Dの1~7小節間(59小節目~65小節目)の注意事項は練習番号C~Dの注意と同じです。

・練習番号D の8小節目(66小節目)頭の和音はG音が多すぎます。これに対するD音、H音はClarinet 2&3とTrumpet 2&3だけです。共に1stがG音をより高い音域で吹いているため、全体的に響きを作るのが難しくなっています。それぞれ1stには1本残せば十分ではないでしょうか。

・装飾音の後の音を揃えたいのは冒頭と同じですが、練習番号Dの9、11小節目(67、69小節目)の場合はSnare Drumの装飾音もそろえなければならないところが難しく、10、12小節目(68小節目、70小節目)はAlto Saxophone・Hornの音と被らないようにするなど、細かい点に注意が必要です。また10小節目(68小節目)はFlute 2の音が少なく音も低いためバランスを取らなければなりません。

・練習番号Dの13、14小節目(71小節目、72小節目)のトリルは練習番号Cと同じ考え方をしてください。16小節目(74小節目)のトリルは次の音が跳躍したF音になりますので、最後を8分音符で処理して記譜された音で終わった方が良いでしょう。

・練習番号Dの16小節目(74小節目)のTrombone 3は、響きを殺してしまう可能性があります。あまりcrescさせない方が無難でしょう。
・練習番号Dの16小節目(74小節目)のfpは、無理してf部分を鳴らさない方が良いでしょう。木管や低音のアクセントに合わせる程度にして、2拍目がしっかりpになるようにしてください。4拍目にトリルが入ったタイミングでcrescしていくと効果的でしょう。

練習番号E~F(75小節目~90小節目)まで

・練習番号Eの8小節目(82小節目)の頭まで、再び厚いメロディのユニゾンがあります。8小節目(82小節目)後半が2声に分かれ、9小節目(83小節目)からは3声に分かれる事を考えると、あまり強く演奏はできません。実際のメロディラインを奏する人数が1/2、1/3と減っていくからです。和音が広がるにつれて演奏も広がるイメージで作曲されているのだと思いますが逆の効果になりがちです。最初は音程重視で少ない人数でfを演奏し、徐々に人数を増やした方が良いと思います。また、対旋律やTromboneのリズムとのバランスも取れるでしょう。

・練習番号E の9小節目(83小節目)2、3拍目はTromboneとSnare Drumの音だけがクリアに聴こえるように、1拍目の音の処理に気を付けてください。

・練習番号E の8小節目(82小節目)4~6拍目はClarinet 3とAlto Saxophone 2の音だけが、低音と同じF音で始まります。人数的にA音から始まるパートと響きを作るのが困難です。私はClarinet 2はF音スタートにした方がバランスはとりやすいと思います。

・練習番号Eの8小節目(82小節目)4拍目のTrombone 1のEs音はたった一人でセブンスの和音を担っています。しっかり強調できるように工夫してください。

・練習番号Eの9~12小節間(83小節目~86)はFlute・Oboe・Clarinet・Alto Saxophone・Trumpetという多数のメロディ群に対し、Alto Clarinet・Tenor Saxophone・Euphoniumの対旋律、Tromboneの和音、Hornのリズム、低音群があります。このバランスに注意を払ってください。特に9小節目(83小節目)6拍目のD音はHorn 1とTrombone 1しか演奏していませんし、11小節目(85小節目)4~6拍目のA音はHorn 3とTrombone 3にしかありません。
・練習番号E の12小節目(86小節目)6拍目の8分音符は、全体のcrescの上アクセント付きで演奏したいのに、Snare Drum以外の管楽器は4声帯になり、しかもかなりの人数減になっています。アクセントのつきにくい形です。Snare Drumのcrescを効かせる等、工夫してください。

・練習番号E の13小節目(87小節目)の8分音符の連続は3声で一緒に動いています。うまく吹けない奏者は、2拍目か3拍目をカットしてあげると吹きやすくなります。

・練習番号E の14小節目(88小節目)4拍目の付点4分は、Tenor Saxophone・Horn 3・Trombone 3・EuphoniumのC音が高い音域になっています。このC音は同じ音域のB音を邪魔しないようにしたいものです。

・練習番号E の15小節目(89小節目)のTrombone 3のA音も響きを阻害する可能性があります。強い音は避けた方が良いでしょう。

・練習番号E の16小節目(90小節目)4~6拍目の8分音符の連続は、4声で動いているため軽快感を壊してしまいます。C音の連続のパートから一つ音を抜いたり、休ませたりすることで多少解消されます。試してみてください。

さらにスキルアップしたい奏者のみなさんへ坂本文郎氏の作品一覧はこちら

2019年吹奏楽コンクール課題曲Ⅱマーチ「エイプリル・リーフ」~第2回・楽曲分析・解説

お待たせしました。
坂本文郎氏による2019年吹奏楽コンクール 課題曲Ⅱマーチ「エイプリル・リーフ」の分析、解説です。
坂本文郎プロフィール

※掲載内容の無断転載、商業利用はお止めください。

Point.3メロディと副旋律・伴奏のバランス

副旋律のない主旋律グループと伴奏グループだけのパターンと、副旋律も含めた3分割のパターンの二通りあります。いずれにしても気を付けるのはバランスです。主旋律を主体にするのは当然ですが、バランスよく聴こえているか気にしてください。

Point.4主旋律内のバランス

①該当箇所はA,B,D,E,F,G,H,K,Lと曲の大半を占めます。この内A、Bの4小節目まで、D、G、Lの3小節目まで、はClarinetとAlto Saxophoneだけのメロディです。Dの4小節目の最後の音と、Hの8小節目~12小節目3拍目以外は全てユニゾンです。さらにHの最初の7小節と最後の4小節はTrumpetも加わってユニゾンになっています。演奏している人数と音の厚さを考慮して、音程重視で人数の調整をするのが賢明です。

②Bの5小節目~とEの2小節目まで、Fの6小節目まで、Hの8小節目~12小節目、K、Lの3小節目3拍目~4小節目3拍目頭はTrumpetが加わって、メロディが2分割されています。ClarinetとTrumpetを見ていただくとわかるのですが、もともと3パートで設定されているため下の音が少なくなっています。2分割されたことで変化を付けようと思うと、下の音はほぼ同じ音量が必要だと考えられます。2ndの奏者を3rdに回す等の工夫が望まれます。(FluteやOboeがメロディに加わっている箇所もありますが、同じ考え方をしてください。)

③メロディが3分割されるのは、Eの3,4小節目とFの7,8小節目の2ヶ所だけです。2か所ともfからffに進む盛り上がりの必要な場所であることを考えると、前述したようにユニゾン部分は人数の調整をしなければならないということがわかります。

課題曲Ⅱ.マーチ「エイプリル・リーフ」 第3回の楽曲分析をお楽しみに!!

さらにスキルアップしたい奏者のみなさんへ坂本文郎氏の作品一覧はこちら

2019年吹奏楽コンクール 課題曲Ⅰ「あんたがたどこさ」の主題による幻想曲~第2回・楽曲分析・解説

お待たせしました。
坂本文郎氏による2019年吹奏楽コンクール 課題曲Ⅰ「あんたがたどこさ」の主題による幻想曲の分析、解説です。

坂本文郎プロフィール

※掲載内容の無断転載、商業利用はお止めください。

練習番号D~Eまで(53小節目~68小節目まで)

・練習番号Dの1小節目(53小節目)~15小節目(67小節目)までのAlto Clarinetは、楽器がなければClarinet 4として音をフォローしてください。和声進行を美しくさせるためには必要な音です。

・練習番号Dの1小節目(53小節目)~8小節目(60小節目)までのメロディはユニゾンです。Snare Drumのリムの音や7小節目(59小節目)からのPiccolo・Glockenspielのスケールとのバランスを考えながら音程のリスクを少なくする適当な人数の調整をしましょう。

・練習番号Dの8小節目(60小節目)のSleigh Bellの立ち上がりはPiccolo・Glockenspielの上行形の結果としての音量を考えてください。PiccoloとGlockenspielは合わせるのが困難なので丁寧な練習が必要です。

・メロディは練習番号Dの9小節目(61小節目)から2声体になっています。Es音から始まるパートはFlute 2だけですのでバランスに注意してください。(補強が必要です。)

・練習番号Dの15小節目(67小節目)のHornとTromboneの音型はHorn 4(D音)Trombone 1(B音)が単独です。この音型でのバランスを取ってください。

・練習番号Dの16小節目(68小節目)の付点4分の音型は突然のユニゾンになります。人数としては多すぎると思われますので、できるだけ音程のリスクをなくすために減らした方が良いでしょう。

練習番号E~Fまで(69小節目~80小節目)

・この部分の低音パートは、練習番号Cとは逆に他のパートよりも短い音の設定になっています。練習番号Cは他のパートよりも長く音が残り、ここは短い音のイメージにすると、変化を演出することができます。

・この部分全体でリズムを担当するのはTromboneパートです。他の動きの音と比較すると、やはり単独で和声を作る音が多数存在します。響きの作り方に気を付けてください。
・練習番号EからもAlto Clarinetがない場合は、Clarinet 4としてのフォローは必要だと思いますが、そうした場合2声に分かれたClarinet 3の音が少なすぎます。フォローをしたうえでClarinet 3を増やすことをお薦めします。
・練習番号Eの1、5、9小節目(69小節目、73小節目、77小節目)の4拍目スタートのHornの入りが明確になるように立ち上がりに気を付けてください。

・練習番号Eの7~8小節間(76~77小節目)のcrescとdecrescですが、低音部の音量変化にTromboneそしてPercussionを揃えてください。練習番号Eの11~12小節間(79~80小節目)のcrescも低音の下行形のcrescに揃えましょう。

練習番号F~Gまで(81小節目~86小節目)

・練習番号FからはClarinet・Trumpetは3声に変わります。それに対して練習番号Fの1、3小節目(81小節目、83小節目)のTrombone・Euphoniumはユニゾンです。練習番号Fの2、4、6小節目(82、84、86小節目)は3声、練習番号Fの5小節目(85小節目)は2声です。どのようなバランスが丁度良いのか、いろいろ試してみてください。ユニゾンが大きすぎると感じたら、人数を減らした方が音程のリスクを回避できると思います。

・練習番号Fの2、4小節目(82、84小節目)のTam-Tamはスピード感のある音が要求されます。Clarinet・Saxophone・Hornの音型の頭打ちになるからです。あまり重いマレットは使用しない方が良いでしょう。
・練習番号Fの5、6小節目(85、86小節目)に全体のcrescがあります。この到達点の練習番号Gの1拍目のsffzには低音パートとBass Drumしかありません。このパートだけでsffzを演出できるように練習してください。練習番号Fの5小節目(85小節目)からcrescをかけて到達点に至る練習が必要だと思います。

・練習番号Fの5、6小節目(85、86小節目)のAlto Clarinetは何としても加えたい音です。D音から始まる下行形はTrombone 2とAlto Clarinetしかありません。Clarinetでは最後のDes音がフォローできませんが、その他の音だけでも入れたいところです。4人目のTromboneや2人目のTenor SaxophoneやEuphoniumがあれば厚くしたいですね。

練習番号G~H(87小節目~101小節目)

・練習番号Gの1~3小節間(87~89小節)は減三和音からのA7コードへの解決、そして練習番号6~8小節(92~94小節)も減三和音からのC7コードへの解決となっており、解決した後はまた減三和音に戻っています。練習番号Gの4、8小節目(90、94小節目)も1小節前と同じ進行です。さらに練習番号Gの10、11小節目(96、97小節目)は2種類の減三和音が交互にあります。大変不安定な和音が連続しますが、それだけにこの部分は曲のクライマックスと言っても差し支えないと思います。等距離に開いた音が積まれていますので、それぞれの音の音量を可能な限り近づけると響きが得られやすくなるでしょう。もう一つ、解決の和音をできるだけ印象的に響かせることもポイントです。さらに、Percの音を上手に目立たせることも効果的です。Bass Drum・Timpaniのソロ・ボンゴを目立たせてください。

・この部分のAlto Clarinetの音は必須です。Clarinet 4の形でフォローしてください。

・練習番号Gの5小節目(91小節目)4拍目から多くのパートはffpですが、Bassoon・Bariton Saxophone・Bass ClarinetとBongoは全てffです。ということは、5拍目以降全体がpに落した中でffで演奏するわけですから、5拍目からの5つの音が明確に聴こえた方が効果的になります。他のパートのcrescはできるだけ後ろに持っていた方が、その効果が出やすいでしょう。

・練習番号Gの5小節目(91小節目)の4拍目の和音と練習番号Gの6小節目(92小節目)1拍目の和音は、8声部もあります。半音でぶつかる音ばかりですので躊躇なくぶつけてください。この二つの和音で構成に変化があるとすれば5小節目にあるTuba・Contra bassのG音が練習番号Gの6小節目(92小節目)にはなく、逆に6小節目(92小節目)のTrombone 3にあるC音は5小節目には存在しません。綺麗に響くことは難しくても、この二つの音を強調して違いを出したいと考えます。
・練習番号Gの11小節目(97小節目)の最後の音は減三和音にTrombone 2&3,

Euphonium・Tuba・ContrabassのG音がぶつけられます。この音はできるだけ強調した方が良いでしょう。

・練習番号Gの12小節目(98小節目)の静寂の後、13小節目(99小節目)の始まりはTimpaniの装飾音が前に出るように丁寧に合わせましょう。Euphonium、Bassoonはしっかりした音で演奏し、15小節目(101小節目)のFlute・Clarinetの和音は静かなイメージが保たれるようにしてください。D音が強すぎるのでFlute 1・Es Clarinet・Clarinet 2は慎重に発音してください。Clarinet 3のB音とClarinet 1のA音も、慎重に正確な音程で入り響きを作ってください。
・練習番号Gの13小節目(99小節目)の和音に合わせるTam-Tam・Glockenspielの音量や音質にも注意を払いましょう。また、7拍目から始まるSus Cymbalのcrescは、練習番号Hの始まりに繋げられるよう丁寧に作ってください。

2019年吹奏楽コンクール 課題曲1.「あんたがたどこさ」の主題による幻想曲 第3回の楽曲分析をお楽しみに!!
さらにスキルアップしたい奏者のみなさんへ坂本文郎氏の作品一覧はこちら