吹奏楽のためのワルツ〜第4回 楽曲分析、解説

お待たせしました。
坂本文郎氏による2018年吹奏楽課題曲『吹奏楽のための「ワルツ」』の分析編です。
坂本文郎プロフィール

※掲載内容の無断転載、商業利用はお止めください。

【練習番号7~8】
・Oboe・Alto Saxophone・Hornの旋律にBassoon・Alto Clarinet・Tenor Saxophone・Euphoniumの対旋律、付点2分音符の動きの低音、木管の3声のアルペジオという構図です。最も細かいアルペジオのパートが3声に分かれています。テンポはLargamenteですが、このようなパターンでは、重たくなりがちです。2小節単位の流れを作る練習をしてください。

・122〜125小節目と128小節目は3声だったアルペジオのパートが突然ユニゾンになります。急に音量が増したように感じられると思います。音程とバランスを整えた方が良いでしょう。

・129小節目頭の8分音符は、下からFes音・As音・Ces音・D音の4声体になっています。Ces音が多すぎるのが気になるところです。またAs音は少なすぎる可能性がありますので合奏でバランスの確認をしてください。

・129小節目3拍目の低音のfpは明確に欲しい音です。響き作りを重視してください。

・130小節目からの和声はTromboneと低音楽器で和声を作っています。かなり多いメロディーに対し和声感を出さなければなりません。

・133〜135小節目は和音作りにTrumpetが加わってきますが、Es音のcrescに負けないようにしたいものです。

 

【練習番号8~9】
・メロディーのTrumpetとTromboneが和声の形になって、木管中心の8分音符の動きがユニゾンになっています。そこに低音部が加わる構造です。メロディーの部分が3声体ですので、しっかり和声の形が聞こえることが重要です。

・142小節目からは木管群にHorn・Euphoniumまで加わるため、バランス調整が特に重要になります。低音部が小さくならいようにしたいです。

・136小節目のみ2声体です。Es音に対してC音が少ないので、同じくらいのバランスになるよう調整してください。

Pesanteで始まりpoco a poco accelがあります。136〜139の4小節は3つ振りにして、140小節目から1つ振りにするのが適正だと思います。

・144小節目からVivoまでは3小節です。ここは、3拍子のつもりで振ると良いでしょう。

・147小節目(Vivo)の3拍目からHornがメロディーに加わりますが、4声体になります。やはりバランスに気を付けることが重要です。

154小節目(練習番号9の3小節前)のallargは、3つ振りで対応するのが自然です。

・154小節目(練習番号9の3小節前)3拍目から木管群がメロディーに代わります。Trumpet・Horn・Trombone・Alto Clarinet・Tenor Saxophoneの和声が弱くなり過ぎないよう工夫してください。

 

【練習番号9~最後】
・167小節目のフェルマータまで、メロディーラインの木管群はユニゾン、対旋律のTrumpetが2声体、後打ちのHorn・Tromboneが3声体です。メロディーラインがかなり厚いので、他パートの和声がしっかり主張できるようにバランスを考えてください。

165小節目のritから、3つ振りにしてテンポを制御してください。

・166小節目のClarinet・Saxophoneの8分音符の動きは、しっかりVibraphoneと合わせてください。

166小節目から167小節目頭のフェルマータの和音はGes音・Des音・Es音・B音の4声体で変化がありません。印象的に残る和音だと思いますので、響きのバランスに注意した方が良いでしょう。

・167小節目2拍目からの木管群は、3声に分かれます。meno mossoですが、必要以上に音量が小さくならないように、それ以前の流れと比較してください。

・168小節目からの付点2分音符の動きは、オクターヴの音型を重視してください。Alto Clarinetがない場合、1本でもいいのでClarinetで補強した方が良いと思いますが。。。

171小節目のaccelを表現するためには、ここから1つ振りにするのが効果的でしょう。

・171~174小節は、3声体をバランスよく作っていくことと、鍵盤楽器とのタイミングの合わせに気を付けてください。

・最後の小節は、装飾音のあるClarinet 1・Alto Clarinet・Bassoonを強調したうえで、最後の音は強弱に大きな差が出ないようバランス調整をしてひびきを作ってください。

さらにスキルアップしたい奏者のみなさんへ坂本文郎氏の作品一覧はこちら

コンサート・マーチ「虹色の未来へ」〜第4回 楽曲分析、解説

お待たせしました。
坂本文郎氏による2018年吹奏楽課題曲『コンサート・マーチ「虹色の未来へ」』の分析編です。
坂本文郎プロフィール

※掲載内容の無断転載、商業利用はお止めください。

【練習番号 I〜J】
・多数パートのメロディーのユニゾンとAlto Clarinet・Tenor Saxophone・Horn・Euphoniumの対旋律に対し、Tromboneだけが和音を作っているという構造はこれまでと同じです。バランス調整してください。
【練習番号 J~K】
・最初の6小節(82〜87小節目)は、再び多数パートのメロディーユニゾンとAlto Clarinet・Tenoe Saxophone・Horn・Euphoniumの副旋律に対し、Tromboneだけが和音を作っています。Flute・Piccolo・E♭ Clarinet・Glockenspielのオブリガードがある点だけが違います。低音部も含め、各部分のバランス調整をしてください。

88小節目のアウフタクトからメロディーが2つの声部に分かれます。ここも2声を3パートで吹きますので上下のバランスが整っていませんので注意して欲しいです。

・88、89小節目のSaxophoneとHornのグリッサンドも、練習番号Hと同じように楽譜の形にして揃えてください。

 

【練習番号 K〜最後】
ここから初めて高音パートの声部も3声に分かれます。As音が強すぎるかもしれません。しかし91小節目にはすぐにユニゾンになります。Alto Clarinet・Tenor Saxophone・Trumpet 3・Horn・Euphniumのパートは最初からユニゾンですので、1小節目と2小節目のバランスの変化に気を付けてください。

・90小節目の4拍目は練習番号Aと同様、木管群とSnara Drumの16分音符は、低音の16分音符と揃いにくいでしょう。合奏時に確認をしましょう。

91小節目のDes音は、またTrombone 1しかありませんのでバランスの確認が必要です。

・92小節目の3拍目裏からの3つの8分音符は、次の音に解決させることが最も大切です。明るく美しい響きを作るために低音部のG音の調整が必要です。解決の和音は、C音の調整が必要です。

最後の音はユニゾンですので音程が重視されます。

さらにスキルアップしたい奏者のみなさんへ坂本文郎氏の作品一覧はこちら