マーチ・ワンダフル・ヴォヤージュ〜第1回 楽曲分析〜

お待たせしました。
坂本文郎氏による2018年吹奏楽課題曲『マーチ・ワンダフル・ヴォヤージュ』の分析編です。

坂本文郎プロフィール

※掲載内容の無断転載、商業利用はお止めください。

作曲者のコメントの中に、「対旋律が複数現れる箇所では、それぞれの旋律の意味を理解しどのようにバランスをとるかに十分な配慮が必要でしょう。」という言葉がありました。
確かにこの曲は全体的にバランスをいかに取るかがポイントになります。それは対旋律が現れる箇所に限らず、終始一貫して考えなければならないであろうと思われますので、バランスを中心に、部分的に述べていきます。

【冒頭~A】
・1&2小節はFlute・Piccolo・Clarinetのトリル含みのパートとSaxophone・Trumpet・Hornのメロディはともにユニゾンで、Trombone・Euphonium・Tuba他低音のシンコペーションが3和音になっている構造です。
この和音もC音が多い中、Trombone 1のE音とTrombone 3のG音は単独の音です。
いかに和声感を出すかが課題です。

・同じく1,2小節のトリルのパートには4拍目の裏に8分休符があります。この休みがTrumpet等の16分音符の動きに被らないように注意しなければなりません。

・3小節目2拍目から低音を除いて同じリズムになっています。大半のH音から始まるパートに対して、Gis音から始まるのはFlute 2・Clarinet 3・Trumpet 3・Horn 1・Trombone 3と少なめで、F音の連続はTrombone 1だけです。Trombone 1には音量のあるメンバーを配置した方が良いでしょう。

・3〜4小節の16分音符を含んだリズムのパートが大変多いのが気になります。
和音が進行する形になっているのですが、このように全員で細かいリズムを和声進行の形にするとテンポを維持するのが難しくなります。
(テンポが同じであっても、かなり重たく感じるでしょう。)
対処法で有効なのは、16分音符を間引いてスリムにすることです。特に4小節目2拍目裏の16分音符はできるだけスリムにした方が良いと思われます。

・4小節目のTrombone 2はかなり和声感を重たくします。できるだけppで演奏するか、思い切ってカットした方が良いかもしれません。

・5,6小節目のAlto Saxophone 2とTenor Saxophoneはともに音程に難のある音ですね。入れ替えたら合わせやすくなると思うのですが…。

・6小節目4拍目はC音のみになります。音程には十分注意を払いましょう。

・Flute・Piccolo・ClarinetのパートとXylophone、Saxophone・Trumpet・HornとSnare Drumの縦のライン合わせは、繰り返し練習しましょう。ズレると目立ってしまいます。

 

【練習番号A〜Bまで】
・7〜12小節はメロディがユニゾン、HornとTromboneが3和音になっており、全体の音が薄い部分だけにバランスに気を付けましょう。

・12小節目4拍目は減三和音になっています。均等なバランスだと響きやすいのですが、D音とH音が多い中でF音はTenor SaxophoneとTrombone 3しかありませんのでバランス調整が必要でしょう。

・13小節目1・2拍目はトリルを除く全てのパートが同じリズムです。
軽やかに演奏するためにはバランスが大切ですが、特に真ん中の4分音符はA音が多すぎます。
Trombone 2の音域のAは特に目立たないようにしたいものです。
またタイになっている最後の音は、D音がTenor SaxophoneとHorn 1&3しかありません。C音もClarinet 3とTrumpet 3のみです。F音が強すぎると、せっかくの2度のぶつかりが印象薄くなりますので気を付けてください。

・13小節目3・4拍目の8分音符の動きはD音⇒F音⇒A音の動きがほとんどで、D音の連続はClarinet 3とTrumpet 3 しかありませんのでバランス調整をしましょう。

・14小節目最初の3つの8分音符は、同じ音が連続するパートの3和音を大切にしてください。特に1拍目裏の音は、動きのあるパートのFis音がぶつかりますので和声をまず響かせる練習をした方が良いでしょう。

・14小節目3拍目からのdecrescendoは丁寧に練習をして、4拍目のC音をはっきり浮き上がらせるようにしましょう。

 

【連取番号B〜C】
・15〜20小節は、メロディが多数の楽器でのユニゾンと、Alto Clarinet・Tenor Saxophone・Euphoniumの対旋律、低音の頭打ちにHornの後打ちとTromboneが和声を作っている構造です。
メロディと対旋律のバランスも大切ですが、Horn・Tromboneの和声感が埋もれてしまわないよう注意してください。
・20小節目4拍目から全員が同じリズムになり、かなり重たく感じると思いますのでスリム化をお薦めします。
バランスは、D音から始まるパートがかなり多いのに対して、Gis音スタートはHorn 1のみ、F音スタートはTrombone 3のみになり、一つ一つバランス調整の必要があるでしょう。

・22小節目の2分音符と8分音符のタイのパートは、早めの減衰が効果的だと思います。
TrumpetとTromboneのリズムを浮き立たせるようにしましょう。
このパートがしっかり聴こえることでタイのパートの音の終わりとTrumpet・Tromboneの終わり方が揃えやすくなります。

第2回の楽曲分析をお楽しみに!!
さらにスキルアップしたい奏者のみなさんへ
坂本文郎氏の作品一覧はこちら

コンサート・マーチ「虹色の未来へ」〜第2回 楽曲分析

お待たせしました。
坂本文郎氏による2018年吹奏楽課題曲『コンサート・マーチ「虹色の未来へ」』の分析編です。

坂本文郎プロフィール

※掲載内容の無断転載、商業利用はお止めください。

【練習番号B〜C】
・メロディーはユニゾンになります。
後打ちのHornと17小節目のTrumpetだけが和声的に作られていますので、Trpumpetはミュートを使うので和音がしっかりと聴こえるか確認してください。

 

【練習番号C〜D】
・メロディーは若干厚めになり、Oboe・Alto Clarinet・Tenor Saxophone・Euphoniumの副旋律、Hornだけの音型もユニゾンで始まります。
Tromboneの後打ちだけが和音になっていますので和声的な響きが出るように気を付けた方が良いでしょう。

・副旋律(Oboe・Alto Clarinet・Tenor Saxophone・Euphonium)では、Oboeの音色が浮いてしまう可能性があります。
(Alto Clarinetがない場合はClarinetを一人回した方が良いと思います。)
またOboeがない場合、Oboeと同音域の音がなくなり同じ動きはオクターヴ下の音だけになってしまいます。(ミュート付きのTrumpetやClarinetでフォローするのはNGになるのでしょうか?)

・22小節目からメロディーが2声に分かれますのでClarinet 3とTrumpet 3の音量小さすぎないようにバランスを取りましょう。

・22、23小節目のFlute・Piccolo・E♭ Clarinetのトリルは、トリルを終わらせる音を同じにし、タイミングを揃えた方が良いでしょう。
→22小節目はD音で23小節目はE音で終わらせ、タイミングは4拍目裏に揃えるのが落ち着くと思われます。

 

【練習番号D〜E】
・今度は金管群と低音がメロディーで、木管群は和音でリズムを刻んでいます。
木管群のリズムは広い音域で和音を作っていますので、重たい響きになっているように思います。
→26、27小節目のClarinet 3とAlto Saxophone 2
→28小節目のClarint 2とAlto Saxophone 1
→29小節目のClarinet 1とTenor Saxophone
同じ音を高音に任せてかなり抑えるか思い切って抜いてしまう方が良いかもしれません。

・30小節目からのClarinetは音程に難がある部分で動いています。
※この部分は合奏レッスンで解決出来ますので、お声がけください。

・30小節目からの4小節間は、TambourineとTriangleのPercussionの音色の違いが浮き立つようにしたいです。

・34、35小節のClarinet 3とAlto Saxophone 2、36小節目のClarinet 2とAlto Saxophone 1も抑えた方が良いと思います。

・37小節目1,2拍目のD音と3,4拍目のC音は、Alto SaxophoneやClarinetの音を押さえた方が響きやすいと思います。

・38小節目1,2拍目のTrombone 2とHorn 3のC音と3拍目のTrombone 1・Euphonium・Horn 1 のD音も抑えた方が良いでしょう。

・38小節目3拍目は、Flute・Piccolo・E♭ Clarinet・Glockenspielのトリルの終わり、2分音符⇒8分のタイの終わり、Timpaniのロール⇒装飾音⇒8分を丁寧にそろえる練習をしてください。

 

【練習番号E〜F】
・Flute・Piccolo・Oboe・E♭ Clarinet・B♭ Clarinet・Trumpetと多数のメロディーに対し、副旋律はAlto Clarinet・Tenor Saxophone・Horn・Euphoniumです。
バランスだけでも音量を揃えていかなければなりませんが、和音を持ってリズムを作っているのがTromboneしかありませんのでバランス的にはかなり調整が必要と思います。

・46小節目の3拍目裏からの8分音符3つは、3和音に分かれて動いています。
G⇒As⇒Bの動きは全体を重たくすると思いますので、抑えめにするか思い切って吹かないという選択も考えたほうが良いかと思います。

・Trio 1小節目(47小節目)の1拍目は和音が密集形になりすぎます。(明るい響きにするためには低いC音を抑えるか、カットした方が良いかもしれません。)

・Trio 2小節目(48小節目)のFlute・Piccolo・Oboeのトリルは4拍目裏にAs音で終わらせると整理できた音の処理ができるでしょう。
コンサート・マーチ「虹色の未来へ」第3回 楽曲分析をお楽しみに!!

さらにスキルアップしたい奏者のみなさんへ
坂本文郎氏の作品一覧はこちら

古き森の戦記〜第2回 楽曲分析

お待たせしました。
坂本文郎氏による2018年吹奏楽課題曲「古き森の戦記」の分析編です。

坂本文郎プロフィール

※掲載内容の無断転載、商業利用はお止めください。

【練習番号A〜B】
・9小節目からの8分音符の刻みはF音が多すぎます。
逆にAs音はBass Clarinetだけですのでバランスに気を付けてください。
また14小節目1拍目でG音を出しているのはAlto Clarinetだけですので確認が必要です。

・13小節目からのAlto Saxophone 2のF音、Tenor SaxophoneのC音が多くなっています。
 (NGですが。。。この部分の音を入れ替ええると容易に音程が取れると思いますが。。。)

・10小節目からのメロディは、HornのユニゾンとTrombone 1&2との和音に、14小節目からはTrumpetのユニゾンとHorn、Tromboneの和音によるという構成です。
16小節目は木管群が加わります。どの程度メロディを際立たせたいのか試しながらバランスをとる必要があります。

・Clarinetは14小節目からユニゾンで始まり16小節目2拍目から3声に分かれます。
Clarinet 1とE♭ ClarinetはFlute・Oboe・Trumpetと同じ音で人数も多いですので、Clarinet 2&3の音量が必要になります。
この部分はClarinet 2&3が少し厚くなるようバランスをとりましょう。

・17小節目の和音の中でD音はClarinet 2とHorn 2しかありません。
またC⇒Hと動くパートはClarinet 3とHorn4のみですが、G音を吹くパートが多すぎるように感じます。

 

【練習番号B〜C】
・18〜21小節目のAlto Cl.の8分音符の動きは、他に演奏している音(楽器)がありませんのでフォローが必須になります。
この他、T.SaxophoneのG→Fis の動き、Bass Cl.のEs→Dの動きも単独です。少し大きめの音でないと和音が作られないでしょう。

・19、21小節目のTrumpetとTromboneは低い音からの跳躍の動きということを考えるとユニゾンで音程を合わせるのが困難ですので、工夫が必要と思います。

・19、21小節目のClarinet 3は単独の動きです。埋もれてしまわないように注意が必要です。

・19、21小節目のEuphoniumとPercussionのクレッシェンドは、Euphoniumで表現するのは難しいかもしれません困難ですのでPercussionを際立たせた方が良いと思われます。

・22〜25小節目のSaxophoneとHornの3連符は他の木管やTrombone、Euphonium等の動きと同じ音ですので、きついタンギング(アタック)にならないよう注意が必要です。

・25小節目のTrumpetは8分音符の低いC音が難しいですね。分けて演奏するのも一つの方法かもしれません。

 

【練習番号C〜D】
・26小節目からのTrumpet・Horn・Euphonium・Tuba・Contrabass・Timpaniで刻まれるリズムはF音が多い中で、C、As音との和音になります。バランスに気を付けましょう。
ただし26小節目の3拍目はリズムパートの和音にG音が奏されますので、Asとの音のぶつかりに気を付ける必要があります。

・29小節目は多数のGやF音の中、Horn 2&4のCが少なすぎる印象があります。

・29小節目3拍目付点4分と8分休符で書いてあるパート(Trumpet 1,2、Horn、Trombone 1,2、Euphonium)があります。
このC音は4拍目から入る木管のCと重なることが意識されていると思われます。

・30小節目の2&3拍目のAlto Saxophone 2のC音は多数のH音とぶつかります。高音で伸ばしているFlute・PiccoloもC音です。
Fl奏者はそれほど違和感を感じないと思いますが、Alto Saxophone 2は吹きにくいと思います。音は抑えるか、思い切ってカットした方が響きが良くなるかもしれません。

・34小節目は突然A音のユニゾンになります。ここでは濁らない音が必須ですので、調整をしてください。

・34小節目の4拍目からのTrumpet とTromboneですが、Trombone 3だけA音を奏しています。バランスに気を付けてください。

・35小節目の3拍目から低音の動きは、decrescendoの表現とアーティキュレーションが難しくなります。(4拍目裏から人を減らすのは一つの方法かもしれませんね。)

※古き森の戦記〜第3回 楽曲分析をお楽しみに!!

さらにスキルアップしたい奏者のみなさんへ
坂本文郎氏の作品一覧はこちら

吹奏楽のための「ワルツ」〜第2回 楽曲分析

お待たせしました。

坂本文郎氏による2018年吹奏楽課題曲『吹奏楽のための「ワルツ」』の分析編です。

※掲載内容の無断転載、商業利用はお止めください。

坂本文郎プロフィール

【練習番号1~2】
・19小節目からの12小節間(19〜30小節間)は4小節ずつの小動機に分かれています。
1つ振りですから4拍子を3回振ってください。
4拍子で振ることで音楽に流れと区切りが生まれるでしょう。

・19小節目からの12小節間(19〜30小節間)はメロディーのユニゾンが多数です。
低音の頭打ち、Hornの和声的なリズムとのバランスが難しいでしょう。
ユニゾンは音程をしっかり合わせる必要がありますので、合わない音は削る勇気が必要です。

・30小節目は、いきなり和声的な付点2分音符があります。
B音がかなり多いと思います。まずEuphonium・Trombone・Hornの和音を美しく作ってください。
その中でTrombone 3のE音は響きを殺す原因になる可能性がありますので、場合によっては抜いてしまう選択が有効になるかもしれません。
Horn 3のE音は強めの音が必要でしょう。
SaxophoneとClarinet 2,3とVibraphoneは、31小節目の頭のB音に向かって動きます。
31小節目の頭でB音が強調されるという形が良いと思います。

・31小節目2拍目からのユニゾンは十分に注意を払いましょう。
音程に加え、オクターヴのバランスにも注意してください。

・31小節目から3小節間は3つ振りにした方が良いでしょう。
その後、34小節目のa tempoから1つ振りに戻します。
→Tromboneと低音のアルペジオの1つ振り状態でのテンポを作ります。
meno mosso⇒accel⇒a tempoと自由に自然なテンポ感を作る事ができます。
※実際の合奏練習で指導する事も可能です。

 

【練習番号2~3】
・35小節目(練習番号2の1小節前)からの木管の8分音符の動きは三声に分かれておりバランスの調整が必要です。
例えばE♭ Clarinetがない場合、36小節目のFlute 1と37小節目のFlute 2の音は、Fluteのみになりますので注意してください。
3和音としてしっかり響きがあるのかどうか細かくチェックする必要があるでしょう。

・36小節目からのHornとEuphoniumで奏されるタイの音型はユニゾンですので、音程とオクターヴのバランスに注意してください。

・43〜45小節間は三声の8分音符がFlute・Oboe・Clarinetのみになりユニゾンのパートがかなり増えます。
音程の合わせにくいC音でもありますので、音程とバランスの調整はより慎重になってください。
ユニゾンと和音パートとのバランスも36〜42小節間とのバランスと比較しながら注意深く進めて欲しいと思います。

・45小節目頭の8分音符は四声になっていますので、この音だけ取り上げて、響きの確認をした方が良いでしょう。

第3回の楽曲分析をお楽しみに!

さらにスキルアップしたい奏者のみなさんへ

坂本文郎氏の作品一覧はこちら

吹奏楽のための「ワルツ」〜第1回 楽曲分析

お待たせしました。
坂本文郎氏による2018年吹奏楽課題曲『吹奏楽のための「ワルツ」』の分析編です。

坂本文郎プロフィール

※掲載内容の無断転載、商業利用はお止めください。

課題曲には珍しい薄いオーケストレーションですね。
大変魅力的な曲だと思いますが、課題曲として選ぶのは勇気がいるでしょう。
しかし細心の注意を払って演奏すれば、より美しいサウンドを磨いていくのに適していると思います。以下は、全体的に見た曲の練習ポイントです。

【ポイント1】
テンポ変換がかなり多くなっています。変化を付けないで演奏すると単調になってしまいそうで、長期間練習するのであればテンポ変換の方法を決めて、確実に縦の線を合わせる練習が必要です。練習番号別の解説で、その方法の例を示したいと思います。

【ポイント2】
数人で演奏する極薄になる部分が点在しています。Soloなら認識しやすいのですが、点在しているためその部分を整理して対処する必要があります。これも部分的に述べたいと思います。

【ポイント3】
バランス感覚が特に必要です。ユニゾンと一部の和声のバランスを考えなければなりません。

【ポイント4】
最大の問題は、指導者の指揮法に対する技量です。テンポ変換に対応するため、振り方も整理した方が良いと考えます。

 

それでは、部分的に解説します。

【冒頭~練習番号1】
・冒頭からのClarinetは、とにかく細心の注意を払って音程を整えてください。
 ユニゾンなので完璧を目指しましょう。
 合わなければ、人数を減らしてでも合わせる努力が必須ですね。

・3小節目のフェルマータの処理はどうするか、考えをまとめた方が良いと思います。
 私なら1拍追加を指示します。
 フェルマータのついている付点4分音符を1拍分延ばして4拍子としてこの小節の長さを決めます。
 その指示を奏者に指示すれば、容易にフェルマータの処理ができるでしょう。

・4,8,10,12、13小節目のSaxophone・Bassoon・Alto Clarinetのリズムバランスについてです。
 Bassoon、Alto Clarinetの片方が欠けている場合、必ず補填した方が良いでしょう。
 もちろんSaxophoneの音量バランスも整えなければなりません。

・5小節目にあるaccelの方法についてです。
 5小節目2拍目から始まるスラーの音型が6小節目にも繰り返されています。
 この二つのかたまりのテンポをアップすることでaccelを表現することが可能です。
 7小節目のritは2拍目の付点8分音符を延ばすことで対処できます。
 この時、4小節目と8小節目のテンポが同じになるようにすることが大切です。

・15小節目のin tempoは14小節目からのBassoon・Bass Clarinet・Saxophoneの半音階のテンポを同じにするという考え方が最も自然だと思われます。

・18小節目(練習番号1の1小節前)のString Bassのピチカートは、十分に響くようにしてください。
 そして、このピチカートを合図に1小節を1つ振りするとよいでしょう。

さらにスキルアップしたい奏者のみなさんへ

坂本文郎氏の作品一覧はこちら

第2回の楽曲分析をお楽しみに!

 

古き森の戦記〜第1回 楽曲分析

お待たせしました。
坂本文郎氏による2018年吹奏楽課題曲「古き森の戦記」の分析編です。

坂本文郎プロフィール

※掲載内容の無断転載、商業利用はお止めください。

曲の表紙に作曲者が主にイメージを語られていました。塩見さんが最後に述べている「冷静に、丁寧に」という言葉を実現するために、技術的な留意点を中心に述べて行きたいと思います。

全体として留意しなければならない点を、まずは6つ挙げます。

ポイント1
和音が4音で構成されていることがほとんどなので、2度・7度でぶつかる音が多数あります。
このぶつかる音についての処理を丁寧に行わなければなりません。

ポイント2
1.と近いのですが、和音のバランスに注意が必要です。
特定の音が多くの人数で演奏されている時、1パートだけで別の音を出している場面が多々あります。

ポイント3
アルト・クラリネットが必須の部分が数多くあります。
所有していない楽団も多いと思いますが、その時は4パート目のクラリネットとしてB♭に書き直す必要があります。

ポイント4
逆にトランペットはCとFの6小節目4拍目、Kの8〜10小節目以外は2パートで演奏できます。この箇所だけフォローすれば、トランペットが2人しかいない楽団でも問題なく演奏できます。

ポイント5
ユニゾンが多数あります。
しかも音が跳躍しているため、音程を揃えるのは困難です。その部分の工夫が合奏練習で必要です。

ポイント6
5に加えて、金管各楽器に使う頻度の低い低音域が使われています。

 

それでは具体的に見ていきましょう。

【冒頭から練習番号Aまで】
・冒頭と4小節目のTimpaniの3連符は明確に音の粒が聞こえるような演奏を望みます。

・1小節目から、Clarinet1&2,Alto Saxophone 1&2,Euphoniumがユニゾンになっています。
 他パートに比較すると強くなりすぎることが懸念されます。
 また、3~5小節目はEuphoniumとAlto Clarinetが重なっています。
 最初と音質を合わせるためには、Alto Clarinetのフォローが必要です。

・6小節目からのHornの和音は減三和音になっています。
 3音のバランスが等しくなるように練習してください。

・7~10小節目のAlto ClarinetのF⇒Eと動く音はHorn 4と同じです。
 Alto Clarinetがない場合はB♭ Clarinetで和音が作れた方が良いでしょう。

 

※「古き森の戦記」〜第2回 楽曲分析をお楽しみに!!

さらにスキルアップしたい奏者のみなさんへ

坂本文郎氏の作品一覧はこちら

コンサート・マーチ「虹色の未来へ」〜第1回 楽曲分析

お待たせしました。
坂本文郎氏による2018年吹奏楽課題曲『コンサート・マーチ「虹色の未来へ」』の分析編です。

坂本文郎プロフィール

※掲載内容の無断転載、商業利用はお止めください。

この曲は、各部分の特徴が類似していますので根気の必要な作業(練習)を行わなければなりません。
特に以下の点に気を付けて練習してください。

ポイント1
メロディーラインの大半がユニゾンです。
他の部分とのバランスの比較(特に和声的な動きのパートが1パートだけというケースが多いので比較検討する必要があると思います。音程の丁寧な調整が大変でしょう。

ポイント2
和音の重ね方が密集形です。
音を少し抜いていかないと明るい響きは得られないでしょう。
→合奏指導で対応できます。

ポイント3
トリルの終わらせ方(終わりの音)に注意が必要です。

ポイント4
木管群に比べHorn・Tromboneがよく鳴るバンド向きの曲だと思います。
例えば木管のユニゾンに対してHornの1パートだけが和声的な動きをするという場面があり、金管楽器に弱いパートがあるというような団体には不向きだと思われます。

ポイント5
少ない人数のバンドでも十分に演奏できます。
ただし、オプション指定のHornをカットする場合、必要な音がありますので響きを聞いて確認してください。

 

それでは、部分的に区切りながら解説します。

【冒頭~Aまで】
・冒頭の音がEsのみです。最初から音程に気を遣わなければなりません。(フォルテですが、合わない場合は削る方が賢明でしょうか・・・)
2拍目からTrumpetは3和音に分かれます。急に弱く聞こえる可能性がありますので注意しましょう。

・3小節目の4拍目の16分音符は木管とGlockenspielの合わせに気を付けてください。

・4小節目はEs⇒Dと2分音符の動きが和声の中心です。
Flute・Piccolo・E♭ Clarinet のトリルは、正確に3拍目で止まるように練習してください。Dに進行する時にトリルが被らないようにしてください。
また、全音符のパートが2分音符の動きを聞き取りにくくしないよう留意してください。

・4小節目のみ、Alto Clarinetの音はあった方が良いです。(Clarinet 3のオクターヴ下に音を追加してみてください。)

 

【練習番号 A〜B】
・5小節目のPercussionのクレッシェンドはしっかりかけて、音量の延長線上に2小節目の冒頭のフォルテがあると考えてください。

・6小節目はTromboneのみで和声を作っています。2拍目から始まる4分音符はHorn・Trumpet 3・Tenor Saxophone・Alto Clarinetのユニゾン、4拍目は木管群のユニゾンです。バランスを聞き比べた方が良いでしょう。

・6小節目4拍目の木管とSnare Drumの16分音符は、低音の16分音符と揃いにくいので注意が必要です。

・7小節目の和音はB音が厚すぎます。バランスを調整しましょう。

・8小節目の3拍目裏の8分音符は乱暴になりがちです。9小節目冒頭の和音に解決させることを主眼にした方が良いと思われます。

・9小節目の低音のデクレッシェンドは表現が難しいですね。2拍目裏からのタイをしっかり演奏させてください。

コンサート・マーチ「虹色の未来へ」第2回 楽曲分析をお楽しみに!!

さらにスキルアップしたい奏者のみなさんへ

坂本文郎氏の作品一覧はこちら