お問い合わせを頂きました。

ある高校のオーケストラ部よりポップスのオーケストラ譜を探されているとの事でお問い合わせを頂きました。

 

残念ながら弊社ではオーケストラの楽譜に関しては数曲の取り扱いと言う事で、今回はお役に立つことが出来ませんでした。。。

大変申し訳ございませんでした。

※現在弊社のオーケストラ譜の取り扱いはブルグミュラーを使ってピアノコンチェルト風で演奏できる楽譜のオリジナル作品になります。

 ⇒詳細はこちら

 

 

管理人は吹奏楽と言う分野の中で色々な経験をさせて頂く中で、現場の要望に応える事が出来る事業が出来たらと考えておりますが、今後は学生オーケストラやアマチュアオーケストラを活動の場として取り組まれている皆様と交流をさせて頂く中で、現場の要望に応える事が出来る体制を目指して参ります。

オーケストラの分野に関しましても徐々にではありますが、弊社オリジナル楽譜の準備を進めております。

詳細が決まりましたらブログ内でもご紹介をさせて頂きますので、お楽しみに!

 

最近でこそ、吹奏楽の楽曲をオーケストラ譜に編曲した楽譜取扱いも出てきているようです。

 

アンサンブル譜

アンサンブルシーズンへ向けて楽譜の準備を進めております。

管楽アンサンブルとして楽しめる曲をご提供できたらと考えており、編成にも柔軟に対応できる楽曲となっております。

現在 取組まれている編成をお教え頂きましたら編曲者自身により手直しも可能です。

お気軽にお問い合わせください。

 

【木管8重奏】ドビュッシー作曲 ‘‘Petite Suite‘‘ (小組曲)より1.小舟にて、2.行列

<編成>2.Fl/2.Cl/A.Sax/T.Sax/B.Sax/Contra-alto clarinet

 

【木管6重奏】ヴィヴァルディ作曲 「調和の霊感」Op3 第2番より第2,3楽章

<編成>2.Fl/1.Cl/A.Sax/B.Cl/Cb

 

【管楽6重奏】ヴィヴァルディ作曲 「調和の霊感」Op3 第8番より第1楽章

<編成>Ob/1.Cl/A.Sax/Hrn/Trb/Bass Trb

 

【金管6重奏】コレッリ作曲  2つのソナタより

<編成>Trp/2.Hrn/Trb/Euph/Tuba

 

【管楽8重奏】 バッハ作曲 プレリュードとフーガ ハ長調 BWV.545

<編成>Fl/Cl/A.Sax/Trp/Trb/Euph/Tuba

 

【管楽8重奏】バッハ作曲 音楽の捧げもの

<編成>Fl//Cl/A.Sax/Trp/Euph/Trb/Cb

<編成>2Tp/2Hrn/2Trb/Tuba

<編成>2Fl/2Cl/A.Sax/2Trp(Ob)/Trb(Fg)

<編成>2Fl/3Cl/A.Sax/Hrn/Trb

プーランク

管理人が学生の頃、バルトークが没後50年と言う事で多くの舞踏組曲、中国の不思議な役人、ルーマニア民族舞曲等の多くの編曲譜が出てきました。

(一部、著作権の関係で編曲が不可能な曲もまだあるようです。)

それだけ吹奏楽へ編曲するにあたって魅力的な作品と言う事が言えると思いますし、普段 吹奏楽を愛好している私たちも編曲作品を通してバルトークの作品を演奏する事が出来るようになりました。

 

本題のプーランクと言う作曲家を皆さんはご存知ですか?

 

フランシス・プーランク

フランスの作曲家。フランス6人組の一人。声楽、室内音楽、宗教的楽劇、オペラ、バレエ音楽、オーケストラ音楽を含むあらゆる主要な音楽ジャンルの楽曲を作曲している。その作風から、1950年7月のパリのプレス紙において評論家のクロード・ロスタンから「ガキ大将と聖職者が同居している」と評された。

『wikipediaより引用』

 

クラシック番組等で室内楽を中心に演奏されるのを耳にした事がある方もいると思いますが、プーランクも没後50年との事で今後ますます演奏される機会も増えてくるのではないかと考えています。

吹奏楽を愛好する私たちもフランスのエスプリを少しでも味わう事が出来たらと考えておりますが、いかがでしょうか?

吹奏楽へ編曲してみたいオーケストラ曲

本日も管理人が勝手に考える「吹奏楽へ編曲してみたいオーケストラ曲」のご紹介です。

 

ご紹介した作品はカール・ニールセンの交響曲第3番 ニ短調 「広がりの交響曲」です。

作曲家のニールセンの作品ではアラジン組曲が吹奏楽編曲譜としては有名ですが、交響曲に関しては編曲譜もほとんどないように思います。

(4番については編曲され演奏された団体があるようです。)

 

特に1楽章の冒頭は「競技的な3拍子」と言われているのですが、トゥッテイで連続する音形がインパンク大です。

実はこの曲、管理人は高校生の時に聞いたのですが、冒頭部分を聞いて素直に「カッコ良い」と感じました。

その後、フルートから始まる第2主題に入るのですが、この部分がまた歌える部分になり、木管奏者であれば‘‘燃える‘‘と言った表現が合うかもしれません。

 

第4楽章では、ブラームスの交響曲第1番の終楽章の主題と良く似た主題からスタートし壮大な形でクライマックスを迎えます。

長いフレーズで各楽器の音色が絡み合い、感動的なメロディと思います。

 

 

1楽章についてはコンクール等でも演奏が可能であると思いますが、いかがでしょうか?

ただ、打楽器がティンパニーのみとなっているのが難点でしょうか?

吹奏楽へ編曲してみたいオーケストラ曲

吹奏楽へ編曲したら演奏効果が高い曲はたくさんありますが、管理人も新しいジャンルとして提案できたらと考えております。

本日はpart2としてご紹介。

ご紹介した曲は

ジョージ・ホワイトフィールド・チャドウィック作曲の「シンフォニック・スケッチーズ」より1.ジュビリーです。

http://youtu.be/qDKTLUQ6R2c

冒頭から6/8拍子による軽快なファンファーレで始まり、中間部には叙情的なメロディが入る曲です。

コンクール等でご利用頂ける曲と考えており、弊社から出版が出来ればと密かに考えている作品の一つなのですが、いかがでしょうか?

村の居酒屋での踊り

昨日、ご紹介した村の居酒屋での踊り・・・既にいくつかの編曲譜があるようでした・・・

 

サンプルスコアを拝見するとクラリネットやサックスを中心とした編成の編曲になっているようで、演奏効果が高いのかな~と改めて感じた次第です。

 

これまで『ピアノ曲⇒オーケストラ譜⇒吹奏楽』と言った流れが多かったように思いますが、『ピアノ曲⇒吹奏楽(アンサンブル)』と言った形で吹奏楽に精通した作曲家や編曲家の先生方に編曲をご提案できたらと考えております。

またアンサンブル譜に関しては楽器指定ではなく、色々な編成(楽器)で出来るような楽譜作りが出来たらと考えています。

村の居酒屋での踊り

コンクールが終わりアンサンブルに取り組まれる団体も多いかと思います。

 

弊社の契約している編曲家からもアンサンブルについては色々な可能性があると言った話もあり、今後 多くの曲を提供できたらと考えております。

最近では同族楽器のアンサンブル以外にも混合の木管8重奏や金管+打楽器と言った編成もあり、その団体にあった編曲譜も出てきております。

弊社でも編成や曲のご相談を頂きましたら、独自の編曲譜を作成する事も可能ですので、お気軽にご相談下さい。

 

 

昨日に続き、管理人がお薦めするピアノ譜から吹奏楽(アンサンブル)に編曲したらかっこ良いと思うシリーズです。

リスト作曲のメフィストワルツ(村の居酒屋での踊り)です。

この曲は超絶技巧曲として「のだめカンタービレ」内でも取り上げられるシーンがあるのですが、クラリネット8重奏木管アンサンブルで演奏すると効果が高いのでは?と個人的に考えています。

 

編曲家に個人的に依頼をしたいと考えている曲の1曲です・・・

吹奏楽へ編曲したらかっこ良い曲

吹奏楽へ編曲したら演奏効果が高い曲はたくさんありますが、管理人も新しいジャンルとして提案できたらと考えております。

 

オーケストラから吹奏楽編成に編曲される中で人気があるのが、レスピーギの作品と思います。

ベルキス、ローマ3部作等は編曲譜も多数出ており、コンクールや演奏会でも多く取り上げられいますね。

そこで新しいジャンルとしてご提案したいのが、ピアノ譜から吹奏楽に編曲と言う形です。

ピアノ譜からオーケストラに編曲された作品はありますが、ピアノ譜から吹奏楽に編曲された作品はまだまだ少ないと思います。

ピアノ譜からの編曲であれば編成等も柔軟に対応できると思いますが、いかがでしょうか?

 

管理人のお薦めを一部ご紹介。

ロシアの作曲家である作曲家ミリイ・バラキレフ東洋的幻想曲イスラメイ」

 

イスラメイはリャプノフによる管弦楽版も出ており、この管弦楽版がカッコ良い!!

かなり難易度は高いですが、吹奏楽にもピッタリではないでしょうか?

 

 

明日は別の作品をご提案?

新曲

これまで編曲譜を中心にご紹介をさせて頂いておりますが、現代の作曲家の作品についても世に出すお手伝いが出来たらと考えています。

近い内にご案内をさせて頂きたいと考えておりますが、七田氏の新曲や出版予定の作品等について準備が整い次第、ご案内させて頂きます。

 

弊社ではオリジナル作品の委嘱についても取り組めたらと考えています。

そのバンドにあった、そのバンドだけのオリジナル作品に取り組んでみたいとお考えの方、お気軽にお問い合わせください。

コンクールが終わったら・・・

各地で吹奏楽コンクールが開かれています。

泣き笑いがあると思いますが、秋の音楽祭や文化祭シーズンへ向けてご検討頂きたいと考えております。

 

・ブルグミュラーコンチェルト

※小さいお子さんをソリストに迎えてピアノコンチェルトを企画してみませんか?

先日、題名のない音楽会でも宮川彬良さん編曲によるブルグミュラーを題材にして放映されていましたが、弊社でも青山るり先生による吹奏楽版、七田英明先生によるオーケストラ版を準備しております。

 

両編曲譜共にある演奏会で使って頂きましたが、演奏会の企画としてもバッチリですよ!

吹奏楽版は販売譜として、オーケストラ版はレンタル譜として提供させて頂いております。

詳細につきましては下記よりご確認頂けます。

 

【吹奏楽版】⇒こちらをクリック

【オーケストラ版】⇒こちらをクリック