演奏会でいかがでしょうか?

いよいよ9月からの開設に向けてカウントダウンに入りました。

 

今日は「演奏会でいかが!」シリーズより歌と吹奏楽のコラボレーションが可能な楽譜のご紹介です。

皆様ご存じ、ヴェルティ作曲の歌劇「リゴレット」より女心の歌です。

 

今回は歌の部分が活きるようにアレンジされています。

某TVである「歌ってみましょう」の吹奏楽版でいかがでしょうか!

ご検討下さい。

初演にチャレンジ!

9月からの開設に向けて準備を進めております。

 

弊社では初演にチャレンジ頂ける団体を募集しています。

9月から正式に告知させて頂きますが、曲はベートーヴェン作曲の「シュテファン王」序曲になります。

オーケストラでもめったに聞かれることがない作品ですので、吹奏楽においても聞かれたことがある方は非常に少ないと思います。

 

弊社の初演にチェレンジでは、楽譜につきましては半年間のレンタル譜として提供させて頂きます。

お申込みから半年間の期間はレンタル譜については1団体様のみがご利用頂けます。

半年間のレンタル期間内に演奏会にて初演をして頂き、弊社へ初演報告書をお送り頂きましたら期間満了後の出版譜内におきまして演奏していただいた団体名、指揮者名を記載させて頂き、販売譜として全国に提供させて頂きます。

 

初演にチャレンジでは、作曲家、編曲家に対しての原稿料が発生致しませんので、格安の値段で初演を行う事が可能です。

(作曲家、編曲家の先生にはかなりご無理を言っておりますが・・・)

9月に入りましたら、正式にご案内をさせて頂きます。

お申込み頂ける団体様は1団体のみになりますので、お問い合わせはお早めに!!

 

出版準備中!

9月の開設へ向けて急ピッチで準備を進めております。

 

弊社の楽譜は演奏会のメインとして取り組んで頂きたい曲がございます。

今回はその中から、皆様ご存知の歌劇「カルメン」をご紹介させて頂きます。

「カルメン」に関しては多くのアレンジャーにより編曲されています。

それだけ魅力的な曲だからと思います。

弊社が出版する「カルメン」の特徴は全幕を通して演奏することが可能という事です。

組曲やセレクションと言う形ではなく、オペラそのものに近い形で演奏することが可能ですので、演奏会のメインとして取り組んで頂けます。

※カルメンだけでもかなりの演奏時間になります!!

【オペラ座への招待】と言ったテーマで歌劇を中心としたプログラム構成で演奏会を企画されてみてはいかがでしょうか!

「カルメン」に関しては以下の曲を準備中でございます。

1.前奏曲

2.町を行きかう人々よ

3.兵隊さんと一緒に

4.カルメンはどこに~恋は野の鳥

5.母のたよりを

6.セビリアのとりでの近くに

7.第2幕への前奏曲

8.ジプシーの歌「鈴をならして」

9.闘牛士ばんざい~闘牛士の歌

10.帰営ラッパがきこえる~お前がなげたその花は

11.フィナーレ

12.第3幕への間奏曲

13.山の仲間たちよ

13.アラゴネーズ

14.来たぞ来たぞ~フィナーレ

演奏会にてご利用頂きたい曲。

弊社では9月のオープンへ向けて急ピッチで準備を進めております。

 

本日は弊社が取り扱う楽譜の中で、演奏会にてご利用頂きたい曲をご紹介させて頂きます。

 

演奏会では吹奏楽を伴奏にピアノコンチェルトが演奏される機会も最近は多いように感じます。

(TVドラマの影響でラフマニノフのピアノコンチェルト2番は出版され、演奏を聞く機会も増えたように感じます。)

 

「小学生のお子さんをソリストに迎え、ピアノコンチェルトを吹奏楽の伴奏でやってしまおう!」と言う企画です。

演奏会での企画として悩まれている団体様にご検討頂きたい曲で、ブルグミュラーより6曲程編曲されています。

 

お子さんをソリストへ迎えると、その家族、親せき、友人と集客効果は抜群ですよ!

正式なリリースが決まりましたらご紹介させて頂きます!

 

なぜ出版事業をやろうと思ったか Part2

弊社では9月からの開設へ向けて準備を進めております。

 

以前、書かせて頂きましたが、『なぜ出版事業をやろうと思ったか』です。

 

以前書いたのは、ある楽譜をレンタル(購入)してみたが、あまりの難しさに演奏が出来なかった=お蔵入りしたと書きました。

それ以来、楽譜の購入については慎重になっており、購入者が事前にスコアを見たりするサービスがあれば解決できると考えていました。

(最近はスコア閲覧が可能な企業様もあります。)

 

と同時にある作曲家や編曲家と話をする中で、作品を世に出すお手伝いが出来たらと思いました。

話の中で、ある出版社に作品を持ち込んだら、「この曲はコンクールでは使われない」と言われたそうです。

私は楽譜を購入する側が曲の選択権をもちべきと考えます、

出版社は購入者が様々な選択肢の中から選べる環境を作ることが必要でありと考えており、その結果として「楽譜が売れる」と言う環境が出来たらと考えています。

そのあたりの仕組み、考えについては改めて書かせて頂きます。

 

 

弊社からのご提案

エムツープランでは9月からの開設ヘ向けて準備を進めております。

弊社では吹奏楽を愛する皆様へ以下の内容でご提案をさせて頂きます。

1.作・編曲家としてご活躍したい方の出版のお手伝いをさせて頂きます。

作・編曲に際しまして演奏されました曲につきましては、弊社からの出版が可能です。(但し、未出版の楽譜に限ります。)

これまで作曲、編曲された曲のデータ、もしくは手書きスコアをお送り頂きましたら、内容の確認をさせて頂き出版が可能か回答をさせて頂きます。

弊社からの出版が決まりました際は個別に契約を締結させて頂きます。

 

2.初演をしたいとお考えの団体様へ楽曲を提供させて頂きます。

記念の演奏会や、コンクール等にて初演を行ってみたいとお考えの方、お気軽にご相談下さい。

現在、弊社が契約しています作・編曲家の作品や、若手の作・編曲家が創作した作品の中から初演が完了していない作品をお選びいただく事が可能です。

※初演が可能な曲についてはサイト内にて随時、ご紹介させて頂きます。

その場合、楽譜を6か月間のレンタル料金にてご提供させて頂き、初演を行って頂きます。

初演後に継続して演奏を希望される場合は、別途 弊社が設定する価格にてご購入頂きます。

(初演後の販売価格は割引価格にてご提供させて頂きます。)

初演後、出版を行います際には初演頂いた団体名を楽譜及びサイト内にてご紹介させて頂きます。