坂本文郎氏による2019年 吹奏楽コンクール課題曲 分析・解説

お待たせしました。
坂本文郎氏による2019年度 吹奏楽コンクール課題曲の楽曲分析をお届けいたします。
指揮者から見た楽曲分析、練習方法等を記載しております。

坂本文郎プロフィール

※掲載内容の無断転載、商業利用はお止めください。

さらにスキルアップしたい奏者のみなさんへ

坂本文郎氏の作品一覧はこちら

2019年吹奏楽コンクール課題曲Ⅱマーチ「エイプリル・リーフ」~第4回・楽曲分析・解説

お待たせしました。
坂本文郎氏による2019年吹奏楽コンクール 課題曲Ⅱマーチ「エイプリル・リーフ」の分析、解説です。
坂本文郎プロフィール

※掲載内容の無断転載、商業利用はお止めください。

Point.7その他

①1,2小節目のTromboneの和音は1stのF音がトリルと被ります。2nd・3rdの音量を強めにしてください。

②冒頭のHornは、特に1小節目4拍目のCが聴こえにくくなるでしょう。

③3小節目の木管の16分音符は、最後の音だけ2分割されます。下のB音はやはり聴こえにくいと思います。そして上下のパートとも、4小節目の冒頭はアクセントをスラーの形にせずに表現するのが難しいでしょう。うまくいかなければ、3小節目を休ませるメンバーが4小節目の頭から入ってくるのも一つの方法かもしれません。

④4小節目3拍目頭でほとんどのメンバーの音が終わります。次のClarinet・Saxophoneのユニゾンと音が重ならないように気を付けましょう。

⑤練習番号Aの1,5小節目(5小節目、9小節目)や練習番号Bの1小節目(13小節目)、練習番号Fの1小節目(33小節目)には主旋律パートに装飾音があります。ユニゾンのため全員に書かれていますが、無理をする必要はありません。苦手な奏者からは装飾を省いた方が、整理された演奏になると思います。

⑥練習番号Aの4小節目(8小節目)の主旋律にスタッカートがあります。この音の後はアクセントになっています。スタッカートを休ませる奏者を作ることで、アクセントが表現しやすくなります。

⑦練習番号Aの7小節目(11小節目)のHornはClarinet・Saxophoneのcrescendoに飲み込まれないように気を付けてください。

⑧練習番号Aの8小節目(12小節目)頭の8分音符と練習番号Bのアウフタクトの間にTrumpetが入っています。Trumpetの部分は他の楽器が重なりません。クリアに分かれるよう、気を付けてください。

⑨練習番号Cの1小節前(20小節目)の2分音符と8分音符のタイは、Tromboneのリズムと同時に終わるように練習してください。その後の低音のメロディと被らないようになります。

⑩練習番号Cは全体的に低音のメロディとのバランスに気を付けてください。軽やかな和音のリズムになって、低音のメロディが力強く聴こえればいいのだと思います。

⑪練習番号Cの3小節目(23小節目)のリズムパートですが、Es音が特に薄く(OboeとClarinet.1だけ)なっています。しっかり和音を作るには、例えばClarinet.2やClarinet.3の人数を一人だけにして、残りの全員で1stを演奏するなどの方法があります。

⑫練習番号Dの1小節目(25小節目)でC音を奏しているのはHorn.3のみです。特に1拍目裏の4分音符ははっきり音を出してください。

⑬練習番号DのTromboneは弱奏ですが、しっかり和声を主張してほしいところです。

⑭練習番号Dの4小節目(28小節目)の4拍目のC音はHorn.3とTrombone.1しかいません。Trombone.1が他パートよりもcrescendoを広げるように奏すると和声がしっかり支えられるでしょう。

⑮練習番号Eの1小節目(29小節目)と2小節目(30小節目)の2拍目頭は、副旋律と頭打ちのパートしか奏していません。特に1小節目はF音しかありません。こういう一瞬にクリアなサウンドが見えてきます。

⑯練習番号Eの3小節目(31小節目)のcrescendoは主に3,4拍目で掛けてください。Hornのグリッサンドを聴いてから、思い切りcrescendoをかける意識で良いと思います。

⑰練習番号Eの4小節目(32小節目)の最後の音から主旋律は2分割になっています。ここで和音になった印象が強くなるはずです。しかし、この最後の部分でB音を奏しているのはTrombone.2だけです。2nd奏者にその点を伝えて、意識して音を出してもらうようにしましょう。

⑱Trioと練習番号Gは、特にバランスが重要です。静かなイメージをしっかり表現して、途中で現れるTromboneの和声が魅力的に響くようにしてください。特に2分音符や4分音符の動きが明確に聴こえると良いでしょう。

⑲練習番号Hの1小節前(58小節目)は、mfとmpが混在します。mpスタートのパートがcrescendoによって増強し、練習番号Hで同じくらいのバランスになると考えました。

⑳練習番号Hは全体的に分厚い構造の中で、主旋律がユニゾンから始まり8小節目(66小節目)で2声となり12小節目(70小節目)からは再びユニゾンになって増強されるようになっています。ただTromboneが後打ちで和音を作っているという構造は変わりませんので、特に12小節目(70小節目)以降、和声感が薄れないように練習してください。

㉑練習番号Jの1~2小節(79~80小節目)でHorn.1がEs⇒F⇒G音と動きます。Horn.2、
Horn.3とAlto Saxophone.2、Tenoe Saxophneは同じ動きでHorn.1のみが単独です。メロディを支える形になっていますので、メロディパートと一緒に練習する必要があると思います。

㉒練習番号Jの2小節目(80小節目)の3拍目裏からの8分音符の動きですが、B音⇒C音と動くパートがHorn.2とEuphoniumだけです。和音のバランスに気を付けましょう。

㉓練習番号Jの3小節目(81小節目)の1拍目裏のTromboneの音が抜けるようにしたいものです。そのためには、8分音符で終わるパートの音が残らないことと、トリルの音に負けない音量が必要です。

㉔練習番号Jの4小節目(82小節目)の1拍目のTrombone.2とHorn.2のA音は和声の響きを重たくするでしょう。あまりfでは吹かない方が良いと思われます。

㉕練習番号Jの4小節目(82小節目)のFlute、Piccolo、Es Clarinetのトリルは絶対に次の小節に被らないようにしてください。トリルの最後をF音にして4拍目裏くらいで終わらせるのが無難かもしれません。

㉖練習番号Jの4小節目(82小節目)の2拍目と4拍目のTrombone.1のEsと4拍目のHorn.3のC音はそうしているのがパートだけです。パート人数を超える場合は、ここに補強をするのが賢明です。

㉗練習番号Lの5小節目(99小節目)のAlto Saxophone、Trumpet、Tromboneの和声の中で、Trumpet.2とTrombone.2のC音の人数が少ないと考えられるので、バランスを重視してください。

㉘練習番号Mの1小節目(100小節目)のTrombone.1のD音と2小節目(101小節目)のTrombone.3のF音(2拍目裏まで)の音が薄いようです。できれば補強してください。

㉙練習番号Mの4小節目(103小節目)の3拍目頭は勢いで演奏してしまいがちです。この3拍目はTenor Saxophone、Trumpet.3,Trombone.3のB音からA音への移動が重要です。3拍目を揃える練習を繰り返し、この移動が明確に聴こえるかどうか確認してください。

㉚練習番号Mの5~6小節目(104~105小節目)のTrombone.2は響きを重たくします。軽く吹く程度で良いと思われます。

㉛曲のラストはB音のみです。音程重視の上で力強さを出さなければなりません。人数を絞るのも一案かと考えます。

さらにスキルアップしたい奏者のみなさんへ坂本文郎氏の作品一覧はこちら

2019年吹奏楽コンクール課題曲Ⅱマーチ「エイプリル・リーフ」~第3回・楽曲分析・解説

お待たせしました。
坂本文郎氏による2019年吹奏楽コンクール 課題曲Ⅱマーチ「エイプリル・リーフ」の分析、解説です。
坂本文郎プロフィール

※掲載内容の無断転載、商業利用はお止めください。

Point.5 頭打ちと後打ち

1.頭打ちは、練習番号Dで4分音符に変化する点とTrio及び練習番号GでBassoonが抜ける以外は、すべてBassoon・Bass Clarinet・Bariton Saxophone・Tuba・Contrabassが担当しています。練習番号DはHornが担当する後打ちのリズムに変化(1,2拍目にシンコペーション)があるために4分音符になっていると思われます。Hornの 1拍目裏の4分音符の長さをしっかりと表現してください。低音はそのための4分音符への変化だと思います。Trioからの変化は、単純にBassoonがなくなっただけでしょう。音量を少し抑えたいのだと考えます。Tubaが複数あるような団体は人数調整をして対応しましょう。
また、Bass DrumとCymbalsにも注意を払ってください。Bass Drumは常に同じ形ですので、Cymbalsの有無やリズムが曲の変化に影響を与えます。

2.後打ちは、練習番号A、B、E、F、HをTrombone、練習番号D、Trio、G、K、LをHornが担当しています。
注意する点は主旋律や副旋律グループの厚さと強弱です。両者ともユニゾンで動く場面が多いため、曲の和声を担当するのはこの後打ちパートのみになります。従って三和音が響かないと和声がなくなってしまいます。二つのグループの音量に対抗して、それぞれ1本しかない和音の後打ちを聴かせなければなりません。主旋律が和音になっている部分は少ないので、後打ちで作る和声は重要な存在になります。他パートと比較して和音の響きが十分に聴こえるようにバランス調整してください。

Point.6 副旋律

・該当場所は、練習番号B(Alto Clarinet・Tenor Saxophone・Horn・Euphonium)、練習番号D(Bassoon・Alto Clarinet・Tenor Saxophone・Euphonium)、練習番号F、H(Alto Clarinet・Tenor Saxophone・Horn・Euphonium)、練習番号K(Alto Clarinet・Tenor Saxophone・Trombone・Euphonium)です。見ていただくとわかるように楽器の変化もほとんどありませんし、すべてユニゾンの形です。主旋律との比較での音量のバランスと音程を、人数の調整によって整えてください。

課題曲Ⅱ.マーチ「エイプリル・リーフ」 第4回の楽曲分析をお楽しみに!!

さらにスキルアップしたい奏者のみなさんへ坂本文郎氏の作品一覧はこちら

2019年吹奏楽コンクール課題曲Ⅱマーチ「エイプリル・リーフ」~第2回・楽曲分析・解説

お待たせしました。
坂本文郎氏による2019年吹奏楽コンクール 課題曲Ⅱマーチ「エイプリル・リーフ」の分析、解説です。
坂本文郎プロフィール

※掲載内容の無断転載、商業利用はお止めください。

Point.3メロディと副旋律・伴奏のバランス

副旋律のない主旋律グループと伴奏グループだけのパターンと、副旋律も含めた3分割のパターンの二通りあります。いずれにしても気を付けるのはバランスです。主旋律を主体にするのは当然ですが、バランスよく聴こえているか気にしてください。

Point.4主旋律内のバランス

①該当箇所はA,B,D,E,F,G,H,K,Lと曲の大半を占めます。この内A、Bの4小節目まで、D、G、Lの3小節目まで、はClarinetとAlto Saxophoneだけのメロディです。Dの4小節目の最後の音と、Hの8小節目~12小節目3拍目以外は全てユニゾンです。さらにHの最初の7小節と最後の4小節はTrumpetも加わってユニゾンになっています。演奏している人数と音の厚さを考慮して、音程重視で人数の調整をするのが賢明です。

②Bの5小節目~とEの2小節目まで、Fの6小節目まで、Hの8小節目~12小節目、K、Lの3小節目3拍目~4小節目3拍目頭はTrumpetが加わって、メロディが2分割されています。ClarinetとTrumpetを見ていただくとわかるのですが、もともと3パートで設定されているため下の音が少なくなっています。2分割されたことで変化を付けようと思うと、下の音はほぼ同じ音量が必要だと考えられます。2ndの奏者を3rdに回す等の工夫が望まれます。(FluteやOboeがメロディに加わっている箇所もありますが、同じ考え方をしてください。)

③メロディが3分割されるのは、Eの3,4小節目とFの7,8小節目の2ヶ所だけです。2か所ともfからffに進む盛り上がりの必要な場所であることを考えると、前述したようにユニゾン部分は人数の調整をしなければならないということがわかります。

課題曲Ⅱ.マーチ「エイプリル・リーフ」 第3回の楽曲分析をお楽しみに!!

さらにスキルアップしたい奏者のみなさんへ坂本文郎氏の作品一覧はこちら

課題曲Ⅱマーチ「エイプリル・リーフ」~第1回・楽曲分析・解説

お待たせしました。
坂本文郎氏による2019年吹奏楽コンクール 課題曲Ⅱマーチ「エイプリル・リーフ」の分析、解説です。

坂本文郎プロフィール※掲載内容の無断転載、商業利用はお止めください。

大変シンプルな曲です。メロディの大半はClarinet・Saxophone・Trumpetに若干FluteやOboeが加わった構造で、他の楽器は副旋律かリズム伴奏を演奏していることがほとんどです。単調になりやすいので、変化をいかに見せていくかがポイントになるでしょう。
同じような箇所が多いので、冒頭から追うよりも同種の個所をまとめた方が整理しやすいと考えます。大きな項目をいくつかと、その他の部分という形で解説します。

Point.1 冒頭とIとMの部分のメロディ

注意して見ると、和音がユニゾンの部分・2声に分かれている部分・3声に分かれている部分があります。ユニゾンは音が強く聴こえやすく(メロディそのものを吹いている人数が多いため)、音程のリスクもあるので3音に向かって徐々に人数を増やすなどの工夫をするとバランスよく聴こえます。

Point.2 グロッケンのトリルと16分音符

・冒頭の3小節
・Bの2小節目
・Eの1~3小節
・Fの2小節目と8小節目
・Hの1,3,5,7小節、
・Iの1~4小節
・Jの2~4小節
・Kの1,3,5,7小節
・L
以上が該当箇所になります。厚さの違いはありますが、すべてFlute、Oboe、Clarinetと同じ動きです。
この中で、冒頭・I・J・LはSnare Drumにも16分音符の同じ動きがあります。この部分を該当のパートだけで分奏することをお薦めします。詳しい合わせ方は後述しますが、この部分が乱れなく揃うことでシャープな演奏になりますので、分奏が最も効果的だと思われます。

トリルで最も気を付けなければならないことは、Jの4小節目とKの2,6小節目を除いて、トリルの長い音符とタイでつながっている8分音符です。これを必ず記譜してある音で同時に終わる必要があります。それができないと、シャープさがなくなるばかりか音の濁りに繋がります。上手に終わるために最も有効な方法は、トリルを16分音符に統一してアバウトにトリルさせないことです。16分音符に統一すると、確実に記譜した音で終わることができます。ちょっとトリルがぬるいと感じる場合は、リズム感の良い奏者に8分音符の場所で確実に記譜音で終わるように指示して、その他の奏者には16分音符にさせるのが有効です。グロッケンは16分音符が無難だと思います。
16分音符は繰り返し縦の線を合わせる練習をしてください。その際、特に管楽器と打楽器のずれに注意して練習しましょう。

課題曲Ⅱ.マーチ「エイプリル・リーフ」 第2回の楽曲分析をお楽しみに!!
さらにスキルアップしたい奏者のみなさんへ坂本文郎氏の作品一覧はこちら