吹奏楽のためのワルツ〜第4回 楽曲分析、解説

お待たせしました。
坂本文郎氏による2018年吹奏楽課題曲『吹奏楽のための「ワルツ」』の分析編です。
坂本文郎プロフィール

※掲載内容の無断転載、商業利用はお止めください。

【練習番号7~8】
・Oboe・Alto Saxophone・Hornの旋律にBassoon・Alto Clarinet・Tenor Saxophone・Euphoniumの対旋律、付点2分音符の動きの低音、木管の3声のアルペジオという構図です。最も細かいアルペジオのパートが3声に分かれています。テンポはLargamenteですが、このようなパターンでは、重たくなりがちです。2小節単位の流れを作る練習をしてください。

・122〜125小節目と128小節目は3声だったアルペジオのパートが突然ユニゾンになります。急に音量が増したように感じられると思います。音程とバランスを整えた方が良いでしょう。

・129小節目頭の8分音符は、下からFes音・As音・Ces音・D音の4声体になっています。Ces音が多すぎるのが気になるところです。またAs音は少なすぎる可能性がありますので合奏でバランスの確認をしてください。

・129小節目3拍目の低音のfpは明確に欲しい音です。響き作りを重視してください。

・130小節目からの和声はTromboneと低音楽器で和声を作っています。かなり多いメロディーに対し和声感を出さなければなりません。

・133〜135小節目は和音作りにTrumpetが加わってきますが、Es音のcrescに負けないようにしたいものです。

 

【練習番号8~9】
・メロディーのTrumpetとTromboneが和声の形になって、木管中心の8分音符の動きがユニゾンになっています。そこに低音部が加わる構造です。メロディーの部分が3声体ですので、しっかり和声の形が聞こえることが重要です。

・142小節目からは木管群にHorn・Euphoniumまで加わるため、バランス調整が特に重要になります。低音部が小さくならいようにしたいです。

・136小節目のみ2声体です。Es音に対してC音が少ないので、同じくらいのバランスになるよう調整してください。

Pesanteで始まりpoco a poco accelがあります。136〜139の4小節は3つ振りにして、140小節目から1つ振りにするのが適正だと思います。

・144小節目からVivoまでは3小節です。ここは、3拍子のつもりで振ると良いでしょう。

・147小節目(Vivo)の3拍目からHornがメロディーに加わりますが、4声体になります。やはりバランスに気を付けることが重要です。

154小節目(練習番号9の3小節前)のallargは、3つ振りで対応するのが自然です。

・154小節目(練習番号9の3小節前)3拍目から木管群がメロディーに代わります。Trumpet・Horn・Trombone・Alto Clarinet・Tenor Saxophoneの和声が弱くなり過ぎないよう工夫してください。

 

【練習番号9~最後】
・167小節目のフェルマータまで、メロディーラインの木管群はユニゾン、対旋律のTrumpetが2声体、後打ちのHorn・Tromboneが3声体です。メロディーラインがかなり厚いので、他パートの和声がしっかり主張できるようにバランスを考えてください。

165小節目のritから、3つ振りにしてテンポを制御してください。

・166小節目のClarinet・Saxophoneの8分音符の動きは、しっかりVibraphoneと合わせてください。

166小節目から167小節目頭のフェルマータの和音はGes音・Des音・Es音・B音の4声体で変化がありません。印象的に残る和音だと思いますので、響きのバランスに注意した方が良いでしょう。

・167小節目2拍目からの木管群は、3声に分かれます。meno mossoですが、必要以上に音量が小さくならないように、それ以前の流れと比較してください。

・168小節目からの付点2分音符の動きは、オクターヴの音型を重視してください。Alto Clarinetがない場合、1本でもいいのでClarinetで補強した方が良いと思いますが。。。

171小節目のaccelを表現するためには、ここから1つ振りにするのが効果的でしょう。

・171~174小節は、3声体をバランスよく作っていくことと、鍵盤楽器とのタイミングの合わせに気を付けてください。

・最後の小節は、装飾音のあるClarinet 1・Alto Clarinet・Bassoonを強調したうえで、最後の音は強弱に大きな差が出ないようバランス調整をしてひびきを作ってください。

さらにスキルアップしたい奏者のみなさんへ坂本文郎氏の作品一覧はこちら

吹奏楽のための「ワルツ」〜第3回 楽曲分析、解説

お待たせしました。
坂本文郎氏による2018年吹奏楽課題曲『吹奏楽のための「ワルツ」』の分析編です。
坂本文郎プロフィール

※掲載内容の無断転載、商業利用はお止めください。

【練習番号3~4】
・メロディー(Flute・Piccolo・Oboe・Clarinet)、対旋律(Trumpet 3・Horn) 、アルペジオ(Alto Clarinet・Saxophone・Euphonium)、低音の付点2分音符がそれぞれユニゾンです。特にメロディーは人数も多いので、少し人数を削ってでも音程を整えた方が良いでしょう。
アルペジオパート以外は音量のチェックをして、弱すぎるパートがないように調整してください。
アルペジオは若干弱くてもいいのですが、これらのユニゾンに対するTrombone 1,2の和音が消えてしまわないように注意してください。

・アルペジオパートの低い音域はAlto Clarinet・Tenor Saxophone・Euphonium、高い音域はAlto Saxophone 1,2 が受け持っています。
流れるようなアルペジオにしたいのですが、3種の楽器の低音部と同一音色の高音部をつなげるのは大変難しいと思います。このパートだけ取り上げて練習した方が良いでしょう。

・56小節目と57小節目1拍目は、メロディーと対旋律がユニゾンになります。
強くなりすぎないか、前後と対比して考えてください。

・56〜59小節は、分散していたアルペジオパートが合同してオクターヴになるため、かなり音量が大きく(厚く)なるでしょう。
リズム系だったTrombone 1,2は低音部と一緒に和声を作りますが、57小節目2拍目からのTrumpet 3・Hornの対旋律と共に、バランスが弱くならないか心配されるところです。

・練習番号3からはTimpaniとSnare Drumで作るリズムのバランスが懸念されるところです。
Snare Drumは音量だけなら対抗できるかもしれませんが、突出するとTimpaniとのバランスが悪くなります。
特に62小節目2拍目の裏から63小節目頭のTimpaniのcrescとSnare Drumの装飾音は目立たせたいと考えます。

・63小節目頭の8分音符の和音は四声になっています。
特にF音が薄く(Trumpet 1とTrombone 1のみ)B音が厚くなっています。
響き作りに注意してください。また3拍目はC音しかありません。音程に注意が必要です。

・64小節目の3拍目は、低音のC音が鳴っているところにA音・Es音・Ges音・D音が鳴る形です。
音程や響きに注意しなければいけませんが、D音のパートが躊躇してしまうと良い響きが得られません。

67小節目からのritは68小節目から3つ振りにすることで表現しやすくなるでしょう。8分音符を正確にそろえてください。
また68小節目3拍目はClarinet 2とTrumpetの終わるタイミングを合わせて、FluteとClarinet 1しか音が残らないように気を付けてください。

 

【練習番号4~5】
・ここから1つ振りに戻しましょう。正確に元の速さに戻るようにしてください。

70小節目からは吹いているのが5人のみになります。
mpの表記はありますが、合奏が貧弱にならないよう気を付けてください。
特に67小節目からのdecrescendoが練習番号4(70小節目)からの音量を導いていけるように注意を払ってください。

・84小節目(練習番号5の1小節前)の入りが難しいと思います。
貧弱に入ってもいけませんが、5人の音量とのつなぎを考えた入り方に気を付けてください。

・練習番号4から練習番号5までは11小節になっています。1つ振りをする場合、4拍子が3回と3拍子が1回というとらえ方をするとよいでしょう。

 

第4回の楽曲分析をお楽しみに!

さらにスキルアップしたい奏者のみなさんへ

坂本文郎氏の作品一覧はこちら

吹奏楽のための「ワルツ」〜第2回 楽曲分析

お待たせしました。

坂本文郎氏による2018年吹奏楽課題曲『吹奏楽のための「ワルツ」』の分析編です。

※掲載内容の無断転載、商業利用はお止めください。

坂本文郎プロフィール

【練習番号1~2】
・19小節目からの12小節間(19〜30小節間)は4小節ずつの小動機に分かれています。
1つ振りですから4拍子を3回振ってください。
4拍子で振ることで音楽に流れと区切りが生まれるでしょう。

・19小節目からの12小節間(19〜30小節間)はメロディーのユニゾンが多数です。
低音の頭打ち、Hornの和声的なリズムとのバランスが難しいでしょう。
ユニゾンは音程をしっかり合わせる必要がありますので、合わない音は削る勇気が必要です。

・30小節目は、いきなり和声的な付点2分音符があります。
B音がかなり多いと思います。まずEuphonium・Trombone・Hornの和音を美しく作ってください。
その中でTrombone 3のE音は響きを殺す原因になる可能性がありますので、場合によっては抜いてしまう選択が有効になるかもしれません。
Horn 3のE音は強めの音が必要でしょう。
SaxophoneとClarinet 2,3とVibraphoneは、31小節目の頭のB音に向かって動きます。
31小節目の頭でB音が強調されるという形が良いと思います。

・31小節目2拍目からのユニゾンは十分に注意を払いましょう。
音程に加え、オクターヴのバランスにも注意してください。

・31小節目から3小節間は3つ振りにした方が良いでしょう。
その後、34小節目のa tempoから1つ振りに戻します。
→Tromboneと低音のアルペジオの1つ振り状態でのテンポを作ります。
meno mosso⇒accel⇒a tempoと自由に自然なテンポ感を作る事ができます。
※実際の合奏練習で指導する事も可能です。

 

【練習番号2~3】
・35小節目(練習番号2の1小節前)からの木管の8分音符の動きは三声に分かれておりバランスの調整が必要です。
例えばE♭ Clarinetがない場合、36小節目のFlute 1と37小節目のFlute 2の音は、Fluteのみになりますので注意してください。
3和音としてしっかり響きがあるのかどうか細かくチェックする必要があるでしょう。

・36小節目からのHornとEuphoniumで奏されるタイの音型はユニゾンですので、音程とオクターヴのバランスに注意してください。

・43〜45小節間は三声の8分音符がFlute・Oboe・Clarinetのみになりユニゾンのパートがかなり増えます。
音程の合わせにくいC音でもありますので、音程とバランスの調整はより慎重になってください。
ユニゾンと和音パートとのバランスも36〜42小節間とのバランスと比較しながら注意深く進めて欲しいと思います。

・45小節目頭の8分音符は四声になっていますので、この音だけ取り上げて、響きの確認をした方が良いでしょう。

第3回の楽曲分析をお楽しみに!

さらにスキルアップしたい奏者のみなさんへ

坂本文郎氏の作品一覧はこちら

吹奏楽のための「ワルツ」〜第1回 楽曲分析

お待たせしました。
坂本文郎氏による2018年吹奏楽課題曲『吹奏楽のための「ワルツ」』の分析編です。

坂本文郎プロフィール

※掲載内容の無断転載、商業利用はお止めください。

課題曲には珍しい薄いオーケストレーションですね。
大変魅力的な曲だと思いますが、課題曲として選ぶのは勇気がいるでしょう。
しかし細心の注意を払って演奏すれば、より美しいサウンドを磨いていくのに適していると思います。以下は、全体的に見た曲の練習ポイントです。

【ポイント1】
テンポ変換がかなり多くなっています。変化を付けないで演奏すると単調になってしまいそうで、長期間練習するのであればテンポ変換の方法を決めて、確実に縦の線を合わせる練習が必要です。練習番号別の解説で、その方法の例を示したいと思います。

【ポイント2】
数人で演奏する極薄になる部分が点在しています。Soloなら認識しやすいのですが、点在しているためその部分を整理して対処する必要があります。これも部分的に述べたいと思います。

【ポイント3】
バランス感覚が特に必要です。ユニゾンと一部の和声のバランスを考えなければなりません。

【ポイント4】
最大の問題は、指導者の指揮法に対する技量です。テンポ変換に対応するため、振り方も整理した方が良いと考えます。

 

それでは、部分的に解説します。

【冒頭~練習番号1】
・冒頭からのClarinetは、とにかく細心の注意を払って音程を整えてください。
 ユニゾンなので完璧を目指しましょう。
 合わなければ、人数を減らしてでも合わせる努力が必須ですね。

・3小節目のフェルマータの処理はどうするか、考えをまとめた方が良いと思います。
 私なら1拍追加を指示します。
 フェルマータのついている付点4分音符を1拍分延ばして4拍子としてこの小節の長さを決めます。
 その指示を奏者に指示すれば、容易にフェルマータの処理ができるでしょう。

・4,8,10,12、13小節目のSaxophone・Bassoon・Alto Clarinetのリズムバランスについてです。
 Bassoon、Alto Clarinetの片方が欠けている場合、必ず補填した方が良いでしょう。
 もちろんSaxophoneの音量バランスも整えなければなりません。

・5小節目にあるaccelの方法についてです。
 5小節目2拍目から始まるスラーの音型が6小節目にも繰り返されています。
 この二つのかたまりのテンポをアップすることでaccelを表現することが可能です。
 7小節目のritは2拍目の付点8分音符を延ばすことで対処できます。
 この時、4小節目と8小節目のテンポが同じになるようにすることが大切です。

・15小節目のin tempoは14小節目からのBassoon・Bass Clarinet・Saxophoneの半音階のテンポを同じにするという考え方が最も自然だと思われます。

・18小節目(練習番号1の1小節前)のString Bassのピチカートは、十分に響くようにしてください。
 そして、このピチカートを合図に1小節を1つ振りするとよいでしょう。

さらにスキルアップしたい奏者のみなさんへ

坂本文郎氏の作品一覧はこちら

第2回の楽曲分析をお楽しみに!

 

坂本文郎氏による2018年 吹奏楽コンクール課題曲 分析・解説

お待たせしました。
坂本文郎氏による2018年度 吹奏楽コンクール課題曲の楽曲分析をお届けいたします。
指揮者から見た楽曲分析、練習方法等を記載しております。

坂本文郎プロフィール

※掲載内容の無断転載、商業利用はお止めください。

さらにスキルアップしたい奏者のみなさんへ

坂本文郎氏の作品一覧はこちら