2019年 吹奏楽コンクール課題曲Ⅳ.「道標の先に」~第4回・楽曲分析・解説

お待たせしました。
坂本文郎氏による2019年吹奏楽コンクール 課題曲Ⅳ.行進曲「道標の先に」の分析、解説です。

坂本文郎プロフィール※掲載内容の無断転載、商業利用はお止めください。

練習番号J(143小節目)~練習番号K(158小節目)まで

・メロディラインはアウフタクト(練習番号Iの16小節目)がB音とF音の2音から始まり、その次の音と練習番号Jの冒頭の音だけが3声になっています。ここだけ弱い印象にならないよう気を付けてください。またメロディの2声部分はClarinetもTrumpetも上の音の人数が多いので、バランス調整してください。

・メロディラインは練習番号Jの8小節目(150小節目)の4拍目から3声に代わります。練習番号J全体はほとんどが4声以上の和音の連続ですので、メロディに含まれない音が手薄になっています。練習番号J全体でHornの和音をチェックしてください。単独で1パートしか演奏していない音が多数あります。それを探して響きの練習をすることが大切だと思います。

・練習番号Jの3小節目(145小節目)の1拍目の低音群のA音を強調してください。低音の支えが必要です。しかし4拍目はEuphonium・Trombone・Trumpet.3・Alto Saxophone.2・Clarinet.3で演奏され、強すぎると思います。

・練習番号Jの5小節目(147小節目)3~5拍目はメロディの上のパートのA音とHorn.3・Trombone・Euphonium・Tenor Saxophoneで奏されるB音のぶつかりが気になります。どの程度の強さがより不快感を感じさせないのか、調整してください。

・練習番号Jの5、6小節目(147、148小節目)のFlute・Piccolo・Es Clarinetの装飾音は、4分休符と16分音符にすると揃いやすいと思います。

・練習番号Jの12小節目(154小節目)の3拍目のClarinet.2・Trumpet.2のF音は少なすぎます。補強をした方が良いでしょう。

・練習番号Jの14小節目(156小節目)の1拍目のHorn.2・4のB音も少なすぎます。同時に奏されるC音の音量に近づけて、次の小節のA音への解決を明確にしてください。

・練習番号Jの15小節目(157小節目)のClarinet.2・Alto Saxophone.2・Trumpet.2のB音は同じ形のF音に比べ少ないようです。バランスを近づけてください。そしてB音を補強すると、1・3拍目のHorn.3のC音は他に音がありませんので、より補強が必要になります。

練習番号K(159小節目)~練習番号L(174小節目)まで

・木管のトリルの処理、和音の中のHornの単独音の洗い出しなど、やらなければならないことはほとんど練習番号J部分と同じです。

・練習番号Kの6、10小節目(164小節目、168小節目)のFlute・Piccolo・Es Clarinetのトリルは次に休符があります。練習番号Iのトリルと同様の処理をしてください。

・練習番号Kの15小節目(173小節目)の1拍目はB音が多すぎます。D音とF音とのバランスを取れるように調整しましょう。また、低音のみが4分音符になっている点も気を付けてください。和音の後、低音のB音だけが残る設定です。

練習番号L(175小節目)~最後まで

・練習番号L の1、3小節目(175小節目、177小節目)の1拍目は、装飾音の後とその前からある4声の和音の解決する瞬間が一致しなければなりません。十分に練習しましょう。

・練習番号Lの2、3小節(176小節目、177小節目)のHorn.3の音は、このパートだけ単独です。同様に、3・4小節目(177小節目、178小節目)のTrp2のおとも単独です。

・練習番号Lの4小節目(178小節目)の4拍目からのHorn.2・4とTromboneの音はHorn.1・3やTrombone.1・3、Euphonium、Tuba、Contrabassの音に上下を挟まれていて、人数もかなり少なくなります。同様の問題が、1小節後(179小節目)から始まるFlute.2・Clarinet.2・Alto Saxophone.1・Trumpet.2にも当てはまり、練習番号Lの7小節目(181小節目)からは両者が合流します。バランスの調整に十分に気を付けてください。

・練習番号Lの9小節目(183小節目)の1拍目はF音が少ないと思います。バランス調整が必要です。

・練習番号Lの9、10小節(183小節目、184小節目)の終わりの4つの音は、全部が3声になっている点が理解できないところです。最初の3つの音はB音のバランスをかなり強くして、最後の音で和声感を持たせるか、その全く逆の終わり方にするか、いずれにしても同じ和音が4つ並んでいる形にしない方が終始感を得られると思います。

さらにスキルアップしたい奏者のみなさんへ坂本文郎氏の作品一覧はこちら

コメントは受け付けていません。