課題曲Ⅳ.行進曲「道標の先に」~第1回・楽曲分析・解説

お待たせしました。
坂本文郎氏による2019年吹奏楽コンクール 課題曲Ⅳ.行進曲「道標の先に」の分析、解説です。

坂本文郎プロフィール※掲載内容の無断転載、商業利用はお止めください。

この曲は、前半がユニゾン主体のメロディと軽めの和音パートで作ってありますが、Trioを越えると四声や五声の和音主体になり、からり整理が必要な印象があります。特にホルンパートは2ndと4thが同じで3人でもできるように思えますが、実際は1パートだけで他の多くの音(パート)に対抗する必要があります。ホルンパートに関しては5~6人の人数が必要と感じます。Trio以降はかなり時間をかけて響きの調整をする必要があるでしょう。

それでは、部分的に区切りながら解説します。

冒頭~A(8小節目)まで

・曲全体に言えることですが、1,3,5小節頭の装飾音は前打音とし、頭の音符の縦の線を揃える練習を確実に行わなければなりません。

・1小節目頭のClarinet 3は装飾音後にG音に戻るため遅れやすいと思われます。Clarinet 1&2にも同じ装飾音がありますので、遅れる場合は装飾音を抜いて練習してみてください。

・2小節目と4小節目のHorn 1の演奏するF音はHorn 1のみです。特に多いG音(2小節目)やH音(4小節目)に負けないように響いているか確かめてください。

・5小節目と6小節目1~4拍目は2パート(2声)に分かれていますが、E音スタートはTenor SaxophoneとTrumpet 3 のみです。同じく4拍目~次の小節1拍目の低音ラインのE音スタートが少なすぎる可能性がありますので、バランスを工夫したいですね。

・曲全体に言えることですが、5小節目と6小節目のトリルは16分音符で演奏させると良いと思います。テンポを考えても十分にトリルに聴こえますし、次の小節の頭の音を揃えやすくなります。特にグロッケンを揃えるのが難しいので試してみてください。

・7小節目の8分音符の動きはユニゾンです。バランスの心配はありませんが、音程のリスクが高くなります。また8小節目の付点2分の和音に広がりを感じさせるための工夫が欲しいです。

練習番号A(9小節目)~B(26小節目)

・練習番号Aの1小節目(9小節目)冒頭の和音は、メロディもF音スタートと考えるとA音やC音を補強する等の工夫が必要でしょう。

・メロディのユニゾンは、先ほども書いたように音程のリスクが高すぎます。音程を整えることを最優先した方がよいと思います。その方がTromboneからHornへ繋がる和音とのバランスがとりやすいと思います。

・TromboneからHornに繋がる和音は、二種の楽器の音量が変わらないように気を付けましょう。

・練習番号Bの2小節前(24小節目)~B(27小節目)までは、Aの2小節前と同じように処理してください。

練習番号B(27小節目)~練習番号C(42小節目)

・メロディのユニゾンの人数がかなり増えます。それに対する対旋律はAlto Clarinet・Tenor Saxophone・Euphoniumの3パートだけ。低音の人数は楽団により異なると思いますが、和音はTromboneのみです。バランスには十分気を付けてください。

・練習番号Bの8小節目(34小節目)4拍目はメロディが2声に分かれます。バランスに気を付けてください。

・練習番号Bの9小節目(35小節目)からはメロディラインが3声に分かれます。音程のリスクは減りますが、Hornの和音になったリズムとAlto Clarinet・Tenor Saxophone・Euphoniumの対旋律は聴こえにくくなります。バランスを整えることに注意を払ってください。

・Tromboneはメロディの3和音と同じような動きになっています。しかし練習番号Bの10小節目(36小節目)のTrombone 2のC音はこの1パートのみです。この音とメロディラインのB音がわかれることで4声になりますので、C音のバランスの工夫が必要です。

・練習番号Bの11小節目(37小節目)4~6拍目は5声になります。ここの濁った感じを緩和するには、低音部に多いA・C・E音の三和音のグループと、高音部に多いG・D音の完全5度のグループを、別々に響きを整え、後から加える方法が効果的です。対旋律パートのD音が邪魔になる可能性はありますが、あまりcrescさせないことで対処してください。※このような部分についてはリハーサルで解決することが出来ます!

・練習番号Bの12小節目(38小節目)1~5拍目は多数のパートが同じリズムです。低い音域のF⇒E⇒Fの動きは全体を鈍重にする原因になります。抑えて吹かせるか思い切って抜いてみてください。

・練習番号Bの13小節目(39小節目)の8分音符のみの動きも、Alto Clarinet・Tenor Saxophone・Euphoniumの低い音域の動きは軽快感を阻害する原因になりやすいでしょう。

・練習番号Bの14小節目(40小節目)のTrombone 2の音(D、E)は不思議です。1拍目は低音域のC音に近い位置でのD音で、響きを阻害する原因になりますし、4拍目のE音はこのパート以外にありません。C音とDes音がぶつかる濁りを緩和するのにE音は必要な音ですので、強化してください。

・練習番号Bの15小節目(41小節目)のトリルは、16分音符にすることで確実に17小節目の頭をF音に揃えられます。
さらにスキルアップしたい奏者のみなさんへ坂本文郎氏の作品一覧はこちら

コメントは受け付けていません。