ドヴォルジャーク

 交響曲第9番『新世界より』の2楽章と、第8番の4楽章が続けてアップされたのですね。
 何か思いをということですので、アレンジのいきさつを書いてみたいと思います。
 新世界の方は、演奏会の企画上どうしても書いてほしいという要望があって書きました。悩んだのは調性です。E-mollというのは若干微妙な調性ですが、1・3・4楽章はそれでも何とか大丈夫と判断しました。しかし、2楽章は転調が複雑で、半音下げた方が良いのかもしれないと思いました。ただ、もし全楽章のアレンジをすることになった時、全ごとのつながりが悪いのが難点です。悩んだ結果、Tempoが遅いこともあるので、原調にしました。合奏してみると、心配していたほどでもなく美しく響いたので、原調でOKと考えています。

 第8番4楽章の方は、以前、販売されていた楽譜を演奏した時に感じた不満が、編曲の動機になっています。
 不満とは・・・①原調G-durから長2度下げられていて、そのせいでメロディの特定の部分だけが1オクターブ上げられていたこと ②シンバルやスネアドラム等が加えられていて、原曲とあまりにかけ離れたイメージになっていたこと ③なぜか12小節だけカットされた楽譜になっていたこと の3点です。とても違和感を感じていたので、次に演奏する時はアレンジしようと決めていました。

 チェコの作曲家の楽譜は、出版社によってかなり違いがあるのは知っていますか?スプラフォンというチェコの会社の楽譜が、今、世界中で信頼されている楽譜です。(現在は、スプラフォン社はドイツのベーレンラーター社に吸収されています。)ドヴォルジャークやスメタナの楽譜は、かなり大きく違いますので、指揮のお弟子さんにはスコアを購入する場合は気を付けるように言っています。
 皆さんも気を付けてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">