アンサンブルのアレンジ

 目論んでる曲があるわけではありませんが、バッハの作品は編成のこだわりを捨ててかけるのが楽しいですね。
 一つのパートを複数の楽器に演奏させるアイデアも、バッハの楽器指定なしという考え方から出たものです。

 それにしても、アレンジの依頼主との話し合いは、可能な限りしたいですね。条件を提示してもらえると、工夫の仕甲斐がありますよね。その条件をクリアしながら、一般的に使えるように考えるのは面白い作業に思えます。
 出版された楽譜に合わせて編成を考えるのではなく、できるだけわがままを言ってもらった方が、編曲にも張り合いが出るっていうものです。

 ここM2プランが、そういうオーダーメイド的な出版社になってくれることを望んでいます。M2プランさん…何かコメントをもらえませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">